雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

防寒、保温の徹底で子供を守る

投稿日:

そりで引くにしろ、キャリアで担ぐにしろ、防寒保温は徹底すること。素材でいえば、木綿はタブー。何枚もレイヤードしておき、必要に応じて加減する。防風・防水・透湿性の高いアウターウェアも重要なアイテムだ。ウールやシルク、あるいは化繊(ポリプロピレン、キャプリーン、ポリエステルなど)から選ぶ。初めはどうしても転んでしまうから、とにかく濡れないように配慮する。ワンピースのスーツなら雪が背中に入り込むこともなくてよいかもしれない。

小さな子には、グロープよりミトンのほうが暖かくていい。豪快に転ぶ子には、外側が防水加工されたシェルのミトンがお薦めだ。帽子と手袋にも質が問われる。欲を言えば、フリース素材でできているものがベストだ。ウールの帽子には、チクチクしない裏地がついていること。子どもがミトンをすぐに外したがるようなら、大きめの安全ピンでジャケットのそでに留めてしまおう。片方でも失くすと悲惨なことになる。

赤ちゃんはとにかく重ね着やバラクラバなどで

冷たい雪の上で休憩するとき、フォームパッドがあれば極楽だ。ひとつは持っていきたい。スパッツは、雪がブーツや靴下のなかに入るのを防いでくれる。子どもが成長して合うものができ次第、手に入れよう。これはぜひとも欲しいギアのひとつだけど、ちびサイズというのはなかなか見つからない。ベビーバッグは、カーシートやチャイルドキャリアにも脚を通せるように、脚部分が分かれている。

赤ちゃんはとにかく重ね着やバラクラバなどで暖かくし、ベビーバッグに入れて守ろう。てっぺんはドローコードなどで絞って、露出を顔だけに抑えることができる。こんなに万全を尽くしても、子ども本人は運動していないから、数時間で体が冷えてしまう。気温によっては帽子も重ね、靴下をミトンライナー代わりにつけたりしてホカホカ度をアップしてあげよう。また、スキーヤーとしてかなりの経験がないと、子どもなんて連れていけない。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

オートキャンプでおっ!と思うスポットがあれば考えてみる価値はある

クルマを走らせながら、おっ!と思うスポットがあれば、そこでオートキャンプをすることを考えてみる価値はある。サイトまでクルマを入れられない場合もあるが、比較的すいているのがいい。電灯つき洗面所、シャワー …

no image

子供が喜ぶ歌をドライブで聴かせてあげよう

ドライブで子供が喜ぶ歌を聞かせてあげよう。ただ、お子様ソングに縛られる必要はない。アイデアは歌の本から拝借しよう。歌詞をざっとメモして常に手元に置く。自分自身の幼いころを思い出してみよう。あのころ覚え …

no image

山の危険には主観的危険と客観的危険があると言われている

山の危険には主観的危険と客観的危険があると言われています。これは古くはエミール・シグモンディという登山家が提唱したもので、彼は主観的危険と客観的危険とに分類していました。主観的危険は、個人の持っている …

no image

トレイルでのルールをしっかりと子供に教えておこう

家族の能力をじっくり検討し、どんな山行形態ならお手頃で楽しく、しかも満足感があるか調べる。まずは手軽なハイキングで様子を見よう。先行が許されている子どもには、トレイルでのルールをしっかり教えておく。た …

no image

指行性動物の歩くことに適した足つき

指行性というのは、走ることよりも歩くことに適した「足つき」であるといえる。指行性の人間でも、ジョギングしたときはどうだろう。ほとんどの人は、ジョギング程度のスピードならべタベタと指行性のまま走る。だが …