雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

ボクサー犬の雑種はおかしな癖をいくつももっていた

投稿日:

ある家族の話。彼女はボクサー犬の雑種で、体型がやや小さすぎ、顎の発達具合もあまりボクサー風とはいえなかった。ペニーには非常に魅力があったが、おかしな癖もいくつかもっていた。そのきわめつけのひとつがパーボンに目がないことで、手に入らないときはライ・ウィスキーかスコッチでがまんした。生涯のあいだ彼女はうしろ脚をいつもかばっていたので、歩く姿はよたよたしていた。

飲み物をくすね、千鳥足でよたっているボクサー犬、というのはめったに忘れられない光景である。いましもドラマが起きようとしているキッチンに、私は入っていった。わが家でパーティや集まりがあると、客たちは飲み物を床に置かないように、低いコーヒーテーブルに飲み物を置く場合は犬から目を離さないように、と注意された。大災害、社会的不公平、不正、あるいは家族の規則違反などがその引き金になった。瞬間的な怒りの爆発が、どんな手段に訴えられるかは偶然にかかっていた。ペニーは狭いキッチンの奥に立って(というより、縮こまって、というほうが正しいだろう)、部屋の中央で怒りに燃える母を見あげていた。

怪我はさせないものに限られていた

九九・九パーセントの場合、母は世界一優しい人なのだ。しかし残りの〇・一パーセントが爆発すると、それはもう大変だった。彼女が投げつけたミサイルは、たっぶり水の入った洗い桶、メロン、アイスクリームなど、へんてこだが決して相手に怪我はさせないものに限られていた。

まわりになにも見あたらないときは、少しのあいだ大声を出すが、その怒りもすぐにおさまって状況収拾にとりかかる。しかし、たまたま手近に何かがあったときには、それをつかんで攻撃相手に(あるいは不幸にもそこに居合わせた相手に)、投げつける。その日たまたま母は革製のキー・ケースを手にしていて、私がキッチンに入ったとき、まさにそれがペニーめがけて投げられようとしていた。悪い子!と母は叫び、わが子で修業を積んだ腕にものをいわせ、狙いたがわずキー・ケースは罪深き犬へと飛んでいったのだった。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

ペットマンションの開発に特化した専業会社

ペットの習性に基づいた設計共生型への流れに乗って、近年はペットマンション開発に特化した専業会社も何社か生まれてきました。その一社が東京都港区のある企業です。関係者によると、同社が開発したペットマンショ …

no image

寂しさをこらえてなついている友人に猫を譲った

一九五一年六月、一家はふたたびゲージにもどることになった。せっかく慣れた土地から、またシュガーを引き離すのはかわいそうだと思ったウッズ家の人びとは、寂しさをこらえて、シュガーがなついている友人にこの猫 …

no image

子犬が家に来たばかりの頃の注意事項

今日から家族の一員となった子犬に、さっそく名前をつけてあげましょう。呼びやすく、愛着のわくような名前がいいでしょう。眠りから目覚めた子犬が、じゃれついてきたときは遊ぼうのサイン。あまり騒がず、ゆったり …

no image

動物看護師になるには?必要なスキルなど

獣医と異なり、動物看護師になるには国家資格は不要です。したがって、無資格でこの仕事に就いても何ら問題はありません。しかし、高度なスキルが要求される仕事なので、動物看護系専門学校で学んだ後、自分のスキル …

no image

犬の行動をある程度修正できる可能性は常に残されている

遺伝的に受け継がれた行動パターンがどうあれ、犬の行動をある程度修正できる可能性は常に残されている。ただし本能的知能によって修正しやすいものと、しにくいものとがある。その成功率は犬種とどの点を変えさせた …