雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

ボディイメージとはという問題と大きめサイズを受け入れようというテーマ

投稿日:

当時の女性誌としては画期的なコンセプト。一九九七年には、ボディ・イメージ問題と、大きめサイズを受け入れようというテーマにまるまる一号費やすことを決めた。なぜボディ・イメージは国民的強迫観念なのかなぜ私たちは危険を冒してまで痩せようとするのか自分の体をどう愛するか。表紙にはプラス・サイズのモデル、エメを使い、このような見出し群で囲んだ。彼らは恐れおののいて、それじゃニュー・ウーマンはファット・ガールズマガジンとして名をはせることになってしまうと言ったわとテベル。

私としては、むしろ人騒がせな感じを狙ったんだけど、結局少しおとなしめのザ・ビッグ・イシューに落ち着いたのザ・ビッグ・イシューの販売部数は増えも減りもしなかった。この号の表紙のキャッチ・コピーを決める際に、テベルは雑誌広告セールス・チームに太めの逆襲という挑発的スローガンを提案した。表紙にいつもより体重の重いモデルを使ったことは、売上に関して言えば貢献も邪魔立てもしなかったわけである。

読者の手紙から判断する分には

読者の手紙から判断する分には、この号は大成功だった。感謝の手紙が次々に舞い込んだからだ。しかし、いいことばかりではなかった。理由は、ザ・ビッグ・イシューにはあまり魅力的なイメージがないというものだった(ちなみに、テベルはフランスにある多国籍企業だというだけで、会社名は決して明かさなかった)。この号がニュース・スタンドに現れて間もなく、大手化粧品会社がこの雑誌から広告を引き揚げてしまったのだ。

ニュー・ウーマン発行人や広告主側も、各々の言い分を述べるためにたびたび登場したが、テベルによれば、ある化粧品のマーケッターは魅力のないデブの大女がモデルをしている口紅なんか、誰も買いたくないと言い放ったらしい。この騒動の結果、彼女はさまざまな女性団体やラジオ・テレビ番組などに招かれ、この号について語るよう求められた。結局、発行人との間でクリエイティブ面に関する意見が対立しーそれにはザ・ビッグ・イシューに直接関係する面も、間接的に関係する面もあったーテベルは編集長を降りている。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

裕福か貧しいかなどを服で境界を分けた時代

今日では境目が曖昧になっているものの、服はまだある程度まで集団の差別化に利用されている。裕福か貧しいか、リベラルかコンサバか、流行に敏感かそうでないか、などだ。一九世紀も終わりに近づいた頃には、プレタ …

no image

美脚パンツで隠していたある秘密

洋服で、体型の弱点はいくらでも隠せます。それを痛感する出来事がありました。仕事仲間のCさんと温泉に行き、露天風呂に入ったときのことです。風呂場には、私の他にひとりいるだけです。ひと足先に浴場に着いた私 …

no image

ファッションメディアの問題点は

ファッション・ショーにモデル、新商品、トレンド、セレブ。ファッション報道はこれでもかってくらいあるけど、公平さと責任を持ったジャーナリスティックな目で報道してる出版物はほとんどないわね。ファッション・ …

no image

服に対する考え方を変える力を備えていながら変えようとしない私たち

稀有な才能の持ち主でも、ファッション・ゲームに加わらないというだけで憂き目に遭うこともある。たとえば、いまひとつゴージャスな魅力に欠ける女優。映画で圧倒的な演技力を見せたのに、各授賞式でレッド・カーペ …

no image

スキニーな女性のイメージアップをすれば

実は、医師たちは、服が摂食障害の治療に役立つことに気づいていた。イギリスのプライオリー病院やフランスのマルセイユ大学病院付属アーサー・センターを始め、ヨーロッパの病院・医院には、服を使って自尊心を育て …