雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

ボールペンを捨てるタイミングっていつ?

投稿日:

・使いにくいと感じた時が捨てるチャンス

消しゴムだって、小さくなったらころころ転がって使いにくいし、逆に指でこすれて書類が汚れてしまうこともある。ペン立てに何本ものボールペンがあるのに、いざ使おうと思ったらどれもこれもインクがかすれて書けない。こういうイライラを解消するために、ちょっとでも使いにくくなったなと思った筆記用具は、迷っていてはダメ。まだ使えるものであっても、捨ててしまおう。

インクがかすれてきたサインペンやボールペン、短くなった鉛筆や割れた消しゴムなどみんなそうだ。経費削減を目標にしている会社の総務・資材担当者からは、もったいないといわれそうだが、使いづらい筆記用具だと手間ひまもかかるし、それによって仕事の効率が下がることもある。ただなんとなく置いてあるだけの、こういった、半端ものを捨ててしまうと、ゴチャゴチャしがちの引き出しのなかもずいぶんすっきりと片づくだろう。

差し込み式ホルダーの上手な使い方

市販の整理ケースにも、たいてい五十音かアルファベットのインデックスがついている。名刺の整理は、たいていの人が五十音順に並べているのではないだろうか。これは、便利なようでいて、使いづらいことも多い。どうしても名前が思い出せないが、あの仕事で会ったというような相手の名刺を探そうとしたら、すべてを見直さなければならないからだ。それを避けるためには、単純なリフィル式の名刺ホルダーがかなり便利だ。

これに、名前など関係なく新しくもらったものを、いちばん最初のページにファイルしておく。新しいものほど現在進行中の仕事相手ということがほとんどだから、ノートをパッと開けば、そこに相手の名刺がある。さらに新しくもらったものは、またその前にリフィルを差し込むことにしていけば、常に知り合って間もない相手ほどページの最初にあることになる。処分してカラになったリフィルは、また頭にもってきて新しい名て使うようにすれば、いつも保存されている名刺の数は一定でムダがない。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

捨てづらいぬいぐるみの保管方法

・捨てづらいぬいぐるみの保管方法 大きなビニールに入れて天袋に置いたり押し入れの隅に押し込んだり、しまい場所がなく苦労している人は多いだろう。おもちゃと同様に、ぬいぐるみもいったん買ってしまうと、愛着 …

no image

狭いキッチンを効率よく使う工夫

・狭いキッチンを効率よく使うワザ 便利なのが、園芸用トレリス。園芸用ではあるが、キッチンの壁面に立てかければ、これが立派なキッチンネットになる。ミルクパン、卵焼き器、味噌こしなどは形が変則的で収納しづ …

no image

畳の焦げを修復する方法

・畳の焼けこげを修復する 畳表はイグサを1本ずつ交互に山と谷ができるように織ったものなので、山と山が隣り合うことのないよう、丁寧に一目ずつ抜いていけばいい。どうせ布団を敷いてしまえばわからなくなるとは …

no image

壁紙の種類や張替えなど

壁紙を張り替えるときには、部屋全体をどんなイメージにしたいのかを決めてから選ぶようにします。家具や床などのコントラストを考え、材質感と色、柄もおよその見当をつけておいたほうが迷いません。事前に、お店に …

no image

保存食品の保存場所-利点の多い整理術

外国の家庭では、キッチンには必ず、それぞれの家庭に合った食品庫が設置されています。わたしが目にしただけでも、引き出しタイプ、家具タイプ、すき間収納タイプなど、さまざまなタイプの食品庫がありました。そう …