雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

ビジネスマンのスーツは何着必要なのか?

投稿日:

・ビジネス・スーツは何着必要か?

着る人や職場によって、スーツの疲労度が違ってくるから、ビジネス・スーツは、最低何着必要かということは、難しい問題です。ちなみに、私は最低三着必要だと考えています。乱暴な言い方をすれば、多ければ多いほど良いという結論になってくるでしょうが、この三着のスーツは、いったいどのようなものを選ぶべきか。

最初の三着のスーツはグレーであれブルーであれ、無地がよいでしょう。べイシック・スーツ。場合によってはチョーク・ストライプやグレン・チェックのべイシック・スーツということもあるでしょう。もちろん、ダーク・スーツ。そしてここにもうひとつ、付け加えていただきたいのが、無地のスーツということです。

ここでは三着のスーツを、A、B、Cとしましょう。けっして同じスーツを続けて着てはいけません。月曜、火曜、水曜とA、B、Cの順に着る。するとAのスーツは木曜にもう一度着ることになりますが、二日間休養できます。この二日の休みは大きい。もちろん休みの期間は長いほど良いのです。良質のウール地なら、シワなども含めてかなり元通りに回復することがあります。

無地のスーツをと言った理由はここにあります

無地のスーツをと言った理由はここにあります。無地なら上着だけでも組み合わせが可能になるからです。上着よりもパンツのほうが疲労度が高いので、なるべく多く休ませてやりたいのです。、問題は金曜です。もしオフィス環境のなかで不自然でなければ、スーツの上着に、まったく別のパンツを組み合わせる。つまり、ブレザー感覚で着こなすわけです。

また、良いスーツはまず例外なく良い素材(生地)が使われています。仮にAとBがあったとして、もしAのほうが良い生地なら、Aのほうが良いスーツだと考えることができます。あまり良くない生地をわざわざ工費の高い継製工場で縫うケースは少ないからです。スーツ選びは、難しいですが、何度も見ているうちによいものが少し分かるようになります。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

ファッションの新しいスタイルへの転換のスピード

消費者にとってお金のかかることではあるが、常に新たなスタイルへの転換を続けていくということは、ファッション・ビジネス側から見ても必要不可欠。スピード・シックの車輪を回しているエンジンは、新たなトレンド …

no image

似合うスーツネクタイの選び方

・似合うネクタイの選び方 ネクタイが似合うとはいったい何でしょう?もちろんいくつかの要素が複雑にからみ合って生じている現象だと思います。よくネクタイが似合ってるなあと言うことがあります。また、実際に日 …

no image

下着選びに余念がないパリの熟女たち

ラ・ペルラからスーパーマーケット製品まで、パリのお店はセクシー下着のオンパレードだ。近所のモノプリ(スーパーのチェーン)で、すけたレースのランジェリーを選んでいる熟年マダムの姿を見るにつけ、この国の健 …

no image

重ね着のコツ-防寒に有効な手段とは?

・重ね着のコツ 重ね着のコツは、乱暴な言い方をすれば、寒いと感じたならとりあえず服を何枚か重ねれば良いわけで、重ね着は防寒対策に有効な手段です。でもこの重ね着にも賢い方法があります。たとえばワイシャツ …

no image

流行りものが必ずしもオシャレとは限らない

・フツーから一歩抜け出すためには、頭をひねる 流行りモノがおしゃれだとは、限らない。おしゃれというのは、全身を流行のアイテムで固めることでもなく、ブランドものをたくさん持つことではないということ。でも …