雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

ビジネスに関連するキーワードを検索してみる

投稿日:2015年1月18日 更新日:

競合各社はどこに広告を出稿しているのでしょうか。掲載場所や掲載時期を追跡調査するのはとても骨のかかる作業であり、極めて困難です。しかしリスティング広告であれば、あなたのビジネスに関連するキーワードを検索してみるだけで、競合各社の取り組みを調べることができます。

リスティング広告を使って、競合各社はどのようなアプローチをしているでしょうか。競合各社の取り組みを知ることで、弱点が明確にできます。また優れたアプローチがあれば、自社の広告展開でも応用が可能か検討を加えるとよいでしょう。検索エンジンからの集客を実現するのはSEOだけではありません。

・SEO強化の取り組み

検索エンジンに何位で掲載されているかは、競合との差が明らかなため、とても気になるところです。集客力があるかは、ウェブビジネスを成功させるための必要不可欠な要素のひとつです。キーワードの選定には注意が必要です。調査結果と自社のランキングと見比べてみると、どこに課題点があるか明確になります。以下の項目に注意しながらキーワードを選定し、調査してみます。

同一条件で比較する

・もし競合のほうが優位であれば、すぐにでもSEOの強化を考える必要があります。競合のウェブサイトも自社のウェブサイトも上位表示されていなかった場合はどうでしょう。その場合は両社ともSEOとしては不十分であり、SEOを強化することによって一歩抜きんでるチャンスが存在しているということを意味しています。競合各社との力関係を把握したいのであれば、同一条件で比較する必要があります。選定するキーワードは、競合サイトでも自社サイトでもコンテンツ内で扱われている必要があります。

・ピックアップするキーワードは、単ーのキーワードだけでなく、複数のキーワードの組み合わせも調査対象にします。ユーザーのほとんどは、複数のキーワードを組み合わせて検索しているためです。

・もしあなたのウェブサイト上でこれらのキーワードが扱われていないのであれば、順位調査をするまでもなく、あなたのサイトが検索エンジンに掲載されていることはないでしょう。あなたのビジネスやウェブサイトにとって重要なキーワードをピックアップします。

インターネットで稼いでみたい方は、ポイントサイトを使った副業がおすすめ!現在私が一番お金を稼いでいるポイントサイト「げん玉(会員数500万人)」なら毎月5万円は稼げますよ!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

Google SEO対策はキーワードの最適化から

検索サイトに上位に表示された方が、必然的にサイトにきてくれる確率が高くなります。ネットショップの店主は検索サイト上位に表示されるために、対策を立てなくてはなりません。これがSEO対策です。 検索サイト …

no image

初心者も活用できるドロップシッピングに挑戦しよう

~初心者からプロまで活用できるドロップシッピング~ ドロップシッピングは、アフィリエイトプログラムと共通点はありますが、大きな違いは、卸値が決まっているという点です。つまり、ドロップシッピングではすべ …

no image

ブランドメッセージがトップページにあるか?

~トップページにメッセージがあるか~ 自身のトップページに、ブランドメッセージがあるか、ブランドや商品、サービスの競争優位性を謳っているメッセージがあるかをしっかり確認しましょう。現在ウェブサイトは、 …

no image

ネットショップの商品は今も昔もそれほど変わっていない

ネットショップは、小規模事業者の場合には、特産品や生鮮食品、オリジナル商品、雑貨品など、自らが探し当てたブランド品や専門的な知識が必要になる商品などが中心となり、趣味や生活に根ざしたカテゴリーでの出店 …

no image

個人営業でも屋号を商号として登記しておこう

~個人営業でも屋号を商号として登記~ 商号は、会社名やネットショップ名などの商行為を行う際に用いる名称をいいます。屋号を登記した時点で、商号となります。会社でネットショップを営み、ネットショップ名と社 …