雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

美容整形にハマるある女性の話

投稿日:2015年5月10日 更新日:

ホクロとりや二重まぶたなど、ほんの1時間足らずで受けられる手術もあり、美容整形は、ぐっと身近で日常的なものになりつつあるようだ。近年、美容整形の技術は格段の進歩を遂げている。手始めはホクロ、それからおへソ、そしてまぶた、と数カ月おきに施術。看護婦のN子さんも、小金を貯めては、チョコチョコと美容整形を楽しんでいる。次はちょっと低い鼻をと、だんだん欲が出てきた。

美容整形というのは、どうも始めるとクセになるものらしい。なにしろ、すればするほどキレイになって、目に見える形で不満が解消するのだから、病みつきになる心理もまあ、わからないでもない。そんなN子さんのエスカレートぶりを心配したのが、整形外科の看護婦である友人のS美さん。彼女はN子さんのように、ちょっとしたきっかけから、美容整形の甘いワナにハマっていく患者の例をいくつも見てきているのだ。もちろん2人の勤める病院は、ごく普通の総合病院だから、手術済みの患者にまた別の整形をすすめるような、あくどいマネは決してしない。

手術に立ち合いをすすめた

それでも、1カ所が成功したら、今度は患者のほうがもっとキレイになりたい!という誘惑から逃れられなくなるのである。ある患者の手術の日。S美さんはあえてN子さんに、手術に立ち合いをすすめた。顔の全面整形だ。患者は30歳の女性。医師と看護婦は手術前の患者に何時間もかけて説明を試みる。ゼッタイ観月ありさちゃんのようになりたいんですと、繰り返すばかりである。

それは説明というより、むしろ思いとどまるための説得だったのだが、彼女の決意は岩のように固い。N子さんは、患者の写真を見て驚いた。(こ、これは、まるで悪役で名をはせた某プロレスラーではないか・・ムチャクチャな)その患者の顔の全面整形は、アゴの骨を削り、頭蓋骨を縮め、頼骨を削り、鼻を高くし。まるで彫刻か石膏細工である。15時間にも及ぶ手術だった。最新医術を駆使して、手術は無事成功した。もちろん、N子さんがその後スッパリと美容整形をやめたのは言うまでもない。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

看護記録とは-いろんなことすべてが書き残されるので注意

看護記録は主に入院している患者さんについて、病気のこと、体のことのほかに、心理状態や生活観察など、実に事細かに記されています。〇月〇日、午前6時、術後3日目、顔色やや蒼白、痛みの訴えあり、頓服の鎮痛剤 …

no image

医療サービス-いったい費用がいくらかかるか

温泉旅行で泊まる宿を選ぶときには、可能な限りいろいろと内容を調べると思います。どんな部屋や施設か、露天風呂はあるか、食事はどんなメニューか、部屋食か、近くに観光スポットはあるか、駅からのアクセスはいい …

no image

自分とは何なのかと問いに答えは見出せない

青年期には自分とは何なのかと問い直し、思い悩んだりする。しかし、そこに答えはない。答えを見出せないまま、大人になり、毎日の忙しい仕事の中で、自分とは何なのかと問いすら考えなくなっていく。 子供が大人に …

no image

嫌な患者-こんな患者はお断りという医者の本音

こんな患者はお断り・神経科 ラクなのは軽いうつ病の患者である。典型的な精神分裂病と同様に薬にすぐ反応し、症状もある程度収まるからだ。しかしうつ病も重くなると自殺の危険性があるので目が離せなくなる。境界 …

no image

使っておきたい!外来診療のみの求人を紹介してもらえる会社

外来診療のみの求人を探す場合、求人広告などを見て探すのは大変です。自分で一生懸命求人広告などを見て探しても、あまり見つからないと思います。 外来診療のみの求人だけに絞って探したいのであれば、転職支援サ …