雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ニキビ

ビタミンCは美容効果の高い成分の草分け的存在

投稿日:

ビタミンCは、分子が小さいため、飲んでよし、塗ってよし、美肌効果を十分に期待できるスグレモノです。きれいな肌への最短ルートを考えるとき、やはりビタミンCの存在は必要不可欠。ビタミンCの持つパワーの威力を再確認してください。

ビタミンCは、美容効果の高い成分の、いわば草分け的存在。ところが、コラーゲンやヒアルロン酸などを配合した美容液の登場で、このところ、いささかその影が薄れているように思われます。でも、コラーゲンやヒアルロン酸など分子の大きい成分は、いくら肌に塗っても吸収されず、効果はほとんど期待できません。

マグネシウムは1日にどれくらいとればいいの?

・マグネシウムは1日にどれくらいとればいいの?

成人女性では250~260mg、成人男性では300~320mgです。日安としては、素干しコンブ4〜5枚(約60g)で、マグネシウム300mgぐらいです。

・マグネシウムを多く含む食品は?

魚肉類、バナナ、ホウレンソウ、ゴマ、大豆、ノリ、ワカメ、コンブです。

・ミネラルには美白効果もある?

亜鉛や銅、マンガンなどのミネラルには、この活性酸素を無毒化する酵素を活性化する働きがあります。紫外線が肌にあたると大量の活性酸素ができ、それがメラニン細胞の遺伝子にキズをつけ、新たなシミができます。ミネラルには直接的ではないにしろ、紫外線によるシミを防ぐ効果、すなわち美白効果があるといってもいいでしょう。

・肌に関係するミネラルはある?

体液のアルカリ性を保持し、ほかのミネラルが血液中に溶けるのを手助けします。したがって、健康な肌の状態を維持するためには、ナトリウムも欠かせません。ナトリウムがあります。ナトリウムは皮膚をはじめとする体中の細胞の浸透圧を調整しています。このほか、ナトリウムには筋肉や神経の過剰な興奮状態を弱める働きもあります。

・肌にいいといわれるビタミンCにはどのような作用があるの?

白血球の機能を高める作用、コラーゲンの生成に関与して骨や皮膚をつくる作用、活性酸素やフリーラジカルを除去する抗酸化作用、抗ストレスホルモンの生成を促す作用、高脂血症の改善作用、メラニン色素の合成を阻害する作用などが期待できます。

-ニキビ

執筆者:

関連記事

no image

炭酸水パックなど手作りでできるお手軽パックの作り方

・定期的なケアで美しい肌をつくる 乾燥しているようであれば保湿成分が主体のもの、肌を活性化させたいなら機能性成分が主体のものなど、肌の状態に合うお気に入りのパックを見つけて、定期的に肌をケアしてあげま …

no image

レム睡眠とノンレム睡眠のワンセット周期で6時間睡眠を実行

美肌を維持するということは、体の健康を管理するということです。疲れが目立つ肌でいることは、体調管理ができていない自分を周囲にさらしているようなもの。夜更かしや暴飲暴食をした翌朝、鏡を見て自分の行動を後 …

no image

ダイエットによるしわの対策など

ダイエットをするとき、ただ食べる量を減らせばいいというものではありません。脂肪は減らしても、うるおいのある肌のもととなる皮下組織のコラーゲンやヒアルロン酸などを減らさないようなダイエットをしなくてはい …

no image

ニキビにはミネラル摂取がおすすめ

ミネラル類を豊富に含む代表的な食べものには、レバーと海藻類があります。ただし、レバーにはコレステロール値や尿酸値が高くなるといった問題点も多いので、海藻類をたっぶりとるのがいいでしょう。また、貝類もミ …

no image

心の若さを保つ方法-よりよい環境を作り出すために行動する

・心の若さを保つということは、どのようなこと? 自己実現のために考え、判断し、行動している人は、年齢を重ねても若々しくイキイキと輝いています。人間には環境に順応する力が備わっていますが、環境に順応しな …