雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ニキビ

ビタミンCは美容効果の高い成分の草分け的存在

投稿日:

ビタミンCは、分子が小さいため、飲んでよし、塗ってよし、美肌効果を十分に期待できるスグレモノです。きれいな肌への最短ルートを考えるとき、やはりビタミンCの存在は必要不可欠。ビタミンCの持つパワーの威力を再確認してください。

ビタミンCは、美容効果の高い成分の、いわば草分け的存在。ところが、コラーゲンやヒアルロン酸などを配合した美容液の登場で、このところ、いささかその影が薄れているように思われます。でも、コラーゲンやヒアルロン酸など分子の大きい成分は、いくら肌に塗っても吸収されず、効果はほとんど期待できません。

マグネシウムは1日にどれくらいとればいいの?

・マグネシウムは1日にどれくらいとればいいの?

成人女性では250~260mg、成人男性では300~320mgです。日安としては、素干しコンブ4〜5枚(約60g)で、マグネシウム300mgぐらいです。

・マグネシウムを多く含む食品は?

魚肉類、バナナ、ホウレンソウ、ゴマ、大豆、ノリ、ワカメ、コンブです。

・ミネラルには美白効果もある?

亜鉛や銅、マンガンなどのミネラルには、この活性酸素を無毒化する酵素を活性化する働きがあります。紫外線が肌にあたると大量の活性酸素ができ、それがメラニン細胞の遺伝子にキズをつけ、新たなシミができます。ミネラルには直接的ではないにしろ、紫外線によるシミを防ぐ効果、すなわち美白効果があるといってもいいでしょう。

・肌に関係するミネラルはある?

体液のアルカリ性を保持し、ほかのミネラルが血液中に溶けるのを手助けします。したがって、健康な肌の状態を維持するためには、ナトリウムも欠かせません。ナトリウムがあります。ナトリウムは皮膚をはじめとする体中の細胞の浸透圧を調整しています。このほか、ナトリウムには筋肉や神経の過剰な興奮状態を弱める働きもあります。

・肌にいいといわれるビタミンCにはどのような作用があるの?

白血球の機能を高める作用、コラーゲンの生成に関与して骨や皮膚をつくる作用、活性酸素やフリーラジカルを除去する抗酸化作用、抗ストレスホルモンの生成を促す作用、高脂血症の改善作用、メラニン色素の合成を阻害する作用などが期待できます。

-ニキビ

執筆者:

関連記事

no image

生理前のスキンケア-活性化させるケアは控えること

・肌を活性化させるケアは控えて 生理前は子宮内膜を厚くして妊娠を維持しやすくする黄体ホルモンの分泌が増える影響で、いつもより肌の状態が敏感になっています。生理前・生理中の肌は特に敏感になっているので、 …

no image

アンチエイジングにかかせない脂肪のオメガ3

細胞を活性化させ、健康維持はもちろん、美肌づくりにも欠かせない脂肪アンチエイジングに効果的なオメガ3は、サンマ、サバ、ニシンなど背が青い魚をはじめ、亜麻仁油、シソ油、えごま油、くるみなどの食品に多く含 …

no image

海に行く前にビタミンCを摂取しておくと日焼けを予防できる?

・海に行く前にビタミンCを摂取しておくと、日焼けを予防できる? 紫外線は皮膚の奥に浸透して、健康上好ましくない障害を多く発生させます。そうした紫外線による障害を防ぐために、メラニン色素は紫外線を感知す …

no image

ミネラルは細胞レベルから肌をきれいにする

・細胞レベルから肌をきれいにする、小さいけれど大きな存在 各種ミネラルが健康維持に欠かせないことはいうまでもありませんが、ピチピチとした健康な肌にとっても、やはり絶対に欠かすことのできない必須ミネラル …

no image

シミ取りクリームの効果

きめ細かく、うるおいのある肌をつくるには、上皮細胞のなかにある水分と脂質のバランスが決め手です。皮膚(肌)の表面には、体のなかの水分の蒸発を防ぐため、うっすらと皮脂膜が張られ、さらに、上皮細胞の隙間に …