雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ニキビ

ビタミンCは美容効果の高い成分の草分け的存在

投稿日:

ビタミンCは、分子が小さいため、飲んでよし、塗ってよし、美肌効果を十分に期待できるスグレモノです。きれいな肌への最短ルートを考えるとき、やはりビタミンCの存在は必要不可欠。ビタミンCの持つパワーの威力を再確認してください。

ビタミンCは、美容効果の高い成分の、いわば草分け的存在。ところが、コラーゲンやヒアルロン酸などを配合した美容液の登場で、このところ、いささかその影が薄れているように思われます。でも、コラーゲンやヒアルロン酸など分子の大きい成分は、いくら肌に塗っても吸収されず、効果はほとんど期待できません。

マグネシウムは1日にどれくらいとればいいの?

・マグネシウムは1日にどれくらいとればいいの?

成人女性では250~260mg、成人男性では300~320mgです。日安としては、素干しコンブ4〜5枚(約60g)で、マグネシウム300mgぐらいです。

・マグネシウムを多く含む食品は?

魚肉類、バナナ、ホウレンソウ、ゴマ、大豆、ノリ、ワカメ、コンブです。

・ミネラルには美白効果もある?

亜鉛や銅、マンガンなどのミネラルには、この活性酸素を無毒化する酵素を活性化する働きがあります。紫外線が肌にあたると大量の活性酸素ができ、それがメラニン細胞の遺伝子にキズをつけ、新たなシミができます。ミネラルには直接的ではないにしろ、紫外線によるシミを防ぐ効果、すなわち美白効果があるといってもいいでしょう。

・肌に関係するミネラルはある?

体液のアルカリ性を保持し、ほかのミネラルが血液中に溶けるのを手助けします。したがって、健康な肌の状態を維持するためには、ナトリウムも欠かせません。ナトリウムがあります。ナトリウムは皮膚をはじめとする体中の細胞の浸透圧を調整しています。このほか、ナトリウムには筋肉や神経の過剰な興奮状態を弱める働きもあります。

・肌にいいといわれるビタミンCにはどのような作用があるの?

白血球の機能を高める作用、コラーゲンの生成に関与して骨や皮膚をつくる作用、活性酸素やフリーラジカルを除去する抗酸化作用、抗ストレスホルモンの生成を促す作用、高脂血症の改善作用、メラニン色素の合成を阻害する作用などが期待できます。

-ニキビ

執筆者:

関連記事

no image

皮膚マッサージは「バスタブのなかで」が原則

皮膚の付属物である汗腺や皮脂腺などは、体内の老廃物を体の外に出す働きもかねています。ですから、汗腺や皮脂腺に汚れがつまったりして、老廃物が排出されないと、思わぬ肌のトラブルを招くことになります。 お風 …

no image

日焼け止めは化粧下地におすすめ

・日焼け止めは化粧下地におすすめ SPF値の高い日焼け止めは肌への負担が大きいので、夜はクレンジングできっちり落とすことを徹底して、目元や小鼻の周りに残りやすいので落とし残しには気をつけましょう。皮膚 …

no image

葉酸の栄養素で皮膚の細胞が生まれたり成長したりする

女性の体に欠乏しやすい栄養素として、「葉酸」が話題になったことがあります。葉酸はその名のとおり、とくに葉もの野菜に多く含まれる成分で、皮膚の細胞が生まれたり成長したりするのに欠かせないビタミンです。つ …

no image

40代の肌トラブル-自分の肌の状態に合った正しいスキンケア

・40代の肌トラブル 自分の肌の状態に合った正しいスキンケアとアンチエイジングにつながる健康的な生活、前向きな考え方で毎日を送れば、美肌を手にすることは難しいことではありません。40代というお肌の曲が …

no image

美肌に欠かせない成分-ビタミンA・B群・Cの効果

・美肌に欠かせないビタミンA・B群・C ビタミンは過剰な飲酒や喫煙、ストレス、糖質や脂質の摂り過ぎなどで失われてしまうので注意しましょう。ビタミンは全部で13種類ありますが、中でも肌にとって重要なのは …