雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ニキビ

ビタミンCとプロリンというアミノ酸

投稿日:

ビタミンCは、ヒモ状のタンパク質の隙間にある「プロリン」というアミノ酸を、「ハイドロキシプロリン」という物質に変えるときに働きかけます。このハイドロキシプロリンは、コラーゲンのもとのヒモ状のタンパク質の線維が3本くっついて三つ編みをつくるときに必要な物質です。つまり、ハイドロキシプロリンによって、ヒモ状のタンパク質の線維が三つ編みをつくることができるようになり、それがコラーゲンへと完成されていくのです。

このコラーゲンは線維芽細胞によってつくられますが、そのためにはまず銅が必要です。銅はミネラルの一種ですが、不足すると線維芽細胞がコラーゲンをつくることができなくなり、ハリのないだらんとした肌になってしまいます。コラーゲンがつくられる過程では、とともにビタミンCも重要な役割を果たしています。

コラーゲンのもととなるタンパク質の三つ編みがギュッと集まっていると丈夫な真皮になり、ゆるやかに集まっている状態では皮下組織となります。ビタミンCと銅は、コラーゲンと同じく線維芽細胞がエラスチンをつくるときにも欠かせません。この点からも、ビタミンCと銅はハリのある肌づくりに必要だといえます。

重要な関係があるメラニン細胞

白く美しい肌をつくる上で重要な関係がある「メラニン細胞」は、もともとは神経細胞の一種でしたが、進化の過程で真皮のすぐ上に取り残された状態になり、肌の健康に大きな役割を果たすようになった。

ところで、「飲むコラーゲン」という話をよく耳にします。でも、コラーゲンは難消化性なので、飲んでも腸から吸収されることはまずないと思われます。また、コラーゲン配合の美容液というものもよく見かけますが、コラーゲンの分子は大きいので、顔の表面に塗っても、表皮細胞を通過して肌の奥にまで届くとは考えられません。こうしたコラーゲン配合の化粧品やドリンク剤、サプリメントとはいったいなんなのか、理解に苦しむところです。

-ニキビ

執筆者:

関連記事

no image

コラーゲンドリンクって効果あるの?

・コラーゲンは飲んでも効果がある? 現代人に不足しがちなタンパク質を効率よく補うことができるという点では、美肌への一助になると言えそうです。 結果的に体のコラーゲンの量も増えるので、体によいことには間 …

no image

免疫力の低下が肌荒れの原因に

体の表面には、たくさんのバイ菌などがいて、肌(皮膚)はつねに多くの微生物と接する宿命を負っています。そして、その微生物が体のなかに侵入しないように闘うのは皮膚の役割です。バイ菌などから体を守って病気か …

no image

心の若さを保つ方法-よりよい環境を作り出すために行動する

・心の若さを保つということは、どのようなこと? 自己実現のために考え、判断し、行動している人は、年齢を重ねても若々しくイキイキと輝いています。人間には環境に順応する力が備わっていますが、環境に順応しな …

no image

ビタミンCのパワー活用術-ゴーヤー料理

・ビタミンCのパワー活用術ゴーヤー料理 ゴーヤーにはトマトの5倍ものビタミンCが含まれているほか、活性酸素の害を防いでくれるβーカロチンや、疲れをとるビタミンBなども含まれています。日頃、なじみのない …

no image

基礎代謝アップが美肌のカギ

・基礎代謝アップが美肌のカギ 40代から発する肌トラブルや太り過ぎを防ぐためにも、代謝を上げるための運動やストレッチを意識的に行うことをおすすめします。私たちは、人間が生きていくために最低限必要な機能 …