雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ニキビ

ビタミンCとプロリンというアミノ酸

投稿日:

ビタミンCは、ヒモ状のタンパク質の隙間にある「プロリン」というアミノ酸を、「ハイドロキシプロリン」という物質に変えるときに働きかけます。このハイドロキシプロリンは、コラーゲンのもとのヒモ状のタンパク質の線維が3本くっついて三つ編みをつくるときに必要な物質です。つまり、ハイドロキシプロリンによって、ヒモ状のタンパク質の線維が三つ編みをつくることができるようになり、それがコラーゲンへと完成されていくのです。

このコラーゲンは線維芽細胞によってつくられますが、そのためにはまず銅が必要です。銅はミネラルの一種ですが、不足すると線維芽細胞がコラーゲンをつくることができなくなり、ハリのないだらんとした肌になってしまいます。コラーゲンがつくられる過程では、とともにビタミンCも重要な役割を果たしています。

コラーゲンのもととなるタンパク質の三つ編みがギュッと集まっていると丈夫な真皮になり、ゆるやかに集まっている状態では皮下組織となります。ビタミンCと銅は、コラーゲンと同じく線維芽細胞がエラスチンをつくるときにも欠かせません。この点からも、ビタミンCと銅はハリのある肌づくりに必要だといえます。

重要な関係があるメラニン細胞

白く美しい肌をつくる上で重要な関係がある「メラニン細胞」は、もともとは神経細胞の一種でしたが、進化の過程で真皮のすぐ上に取り残された状態になり、肌の健康に大きな役割を果たすようになった。

ところで、「飲むコラーゲン」という話をよく耳にします。でも、コラーゲンは難消化性なので、飲んでも腸から吸収されることはまずないと思われます。また、コラーゲン配合の美容液というものもよく見かけますが、コラーゲンの分子は大きいので、顔の表面に塗っても、表皮細胞を通過して肌の奥にまで届くとは考えられません。こうしたコラーゲン配合の化粧品やドリンク剤、サプリメントとはいったいなんなのか、理解に苦しむところです。

-ニキビ

執筆者:

関連記事

no image

肌の弾力と関係しているミネラルは?

・肌の弾力と関係しているミネラルは? 銅です。コラーゲンの分子が重なりあってしっかり結びつくためには、「リジルオキシダーゼ」という酵素が必要です。その酵素を活性化させるのに、ミネラルの銅が必要なのです …

no image

低インシュリン食品は糖化予防に効果大

・糖化予防に効果のある低GI値食品 GI値とは、食物に含まれる糖質が体内に吸収されるスピードを比較した値を示したもの。糖化を防ぐには、血糖値を急上昇させないことが大切ですから、血糖値をゆるやかに上げる …

no image

アンチエイジングにかかせない脂肪のオメガ3

細胞を活性化させ、健康維持はもちろん、美肌づくりにも欠かせない脂肪アンチエイジングに効果的なオメガ3は、サンマ、サバ、ニシンなど背が青い魚をはじめ、亜麻仁油、シソ油、えごま油、くるみなどの食品に多く含 …

no image

肌の色は皮下脂肪、血液、メラニン細胞の3つの要素で決まる

なんとなく肌が黄色っぽいという人は、肝臓になんらかの病変があることも考えられますので、一度、血液検査を受けて肝臓に異常がないかどうかを調べたほうがいいでしょう)。では、肌の色を変えることは不可能なのか …

no image

タバコ1本でビタミンCの消費量が何と25mg

肌は外界と接していることから、ある意味で活性酸素、過酸化脂質、紫外線につねに接しているともいえます。したがって、それらの障害から肌を守る作用のあるビタミンCは、きれいな肌をつくる上で重要な役割を果たし …