雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

ビニール袋の収納で簡単な方法は?

投稿日:

・引き出しをビニール袋でいっぱいにしない法

本来は捨ててしまうようなもので整理ができることもあるのだ。捨てるもよし。でも捨てるばかりが能じゃない。それが使用ずみのラップの志。捨てずにとっておいて、芯の穴の片方から小さくたたんだビニール袋を詰め込み、使うときはもう一方からつまみ出せばいい。さらに、その外側に輪ゴムをはめておけば、一石二鳥のキッチンリサイクル用収納グッズとなる。整理するのが面倒で、もらってきたスーパーのビニール袋や、はずした輪ゴムなどで引き出しの一つがいっばいになっているあなた。この方法で引き出しをすっきりさせて、もう一つの収納スペースとして活用しよう。

開けてサッと取り出せる収納を心がける

・使う場所に使うものを収納するのが鉄則

調理道具は、シンクまわりやガス台を中心に使うもの。雑多なキッチンの道具をより分けて、捨てるもの、残すものを決めたら、収納方法もあらためて考えてみたい。使う場所に近いところに収納するのがいちばんだ。シンクまわりの扉には、開けてサッと取り出せる収納を心がける。たとえば、よく使うフライパンなどが、すべてガス台近くの手の届く範囲にあると、動作の効率がいい。ほとんど使わないから捨てようと思った器具も、収納を見直すと、残す分類に入ったりするかもしれない逆に、収納しようのないものは捨ててしまおう。

数をそろえてもムダなだけ

・鍋をいくつも持っていても仕方ない

日常的に使う鍋はたいてい決まっていて、数をそろえてもムダなだけ。鍋はさまざまな大きさのものがいろいろそろっていればたしかに便利である。たくさんの鍋がそろっていれば料理がうまくできるというものでもないので、実用的な鍋だけに絞って、さほど使わないものは思いきって処分してしまおう。基本的には、大中小一つずつあれば十分。できれば重ねられる鍋をそろておくと、収納場所が少なくですむし、把手が取りはずせる鍋にすれば、さらにスッキリ収納できる。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

包丁などの刃物専用の引き出しを作っておくと安心

・刃物、専用引き出しを作っておくと安心 引き出しのなかにレードル類と一緒にスライサーやおろし器を入れていて、ほかのものを取り出そうとして手を傷つけてしまうことがある。シンク下の扉の裏には、たいてい包丁 …

no image

必要なものと不要なものを分ける整理

必要なものと不要なものを分ける整理。 整理、整頓とはどのようなことなのでしょうか。それは、だれが見てもきれいな状態です。整理は、収めることよりも、取り出しやすく、しまいやすくすることが優先。でも整頓は …

no image

皿は立てて収納すると使いやすい

・皿は立てて収納すると使いやすい 思いきって捨てればいいが、捨てずに残しておきたいのだったら、そんな皿にも出番を与えてやりたい。同じ大きさ・形の器を重ねて収納すると、食器棚の収納力がアップしてきちんと …

no image

ブラジャー型の崩れを防ぐ方法

思いきって捨ててしまい、残っただけを、大事に保管しよう。いくらデザインが気に入っていても、体形に合わなくなったり、ほとんど身につけ下着は残しておいても意味はない。ブラジャーの場合は、形崩れしにくく、し …

no image

洗面所を乱雑にしないで片付けるコツ

・洗面所を乱雑にしないコツ 化粧品や整髪料、歯ブラシや練り歯磨きなどは、ぜんぶ棚の中にしまい込んで、見えないようにしておく。そのかわり、出しておく最低限のものは、センスのよいものを選ぼう。ただでさえゴ …