雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

ビニール床材の貼り方

投稿日:

床にしきこむビニール床材というものがありますが、床にビニール床材をはる場合、部屋の寸法を測ります。床材の幅は九十センチ、百八十センチの二種類ですから、見取り図にこの幅で線を引いてみれば、床材の継ぎ目がどこにくるかもわかります。床材の大体中心になるところは、床材の浮き上がりを防ぐために、テープをはりますが、壁から五十センチぐらいはなしておきます。

床のホコリなどはきれいにふきとってから、部屋の周囲、床材の継ぎ目になるところには両面テープをはりますが、裏紙ははがさないでおきます。壁際は軽くへラなどできめこみ、金べラを当てて余分を切りとります。建物は考えているより曲がっているものですから、壁際で、壁に合わせて床材を切ります。そのために幅で四~五センチ、長さで五~十センチぐらい長めに切った床材を敷きこみます。ドアの周囲などは、細かい凹凸部分がありますが、かまぼこ板のような定規を使って、凹凸を写しとります。

部屋の中に突出している部分などは

部屋の隅、部屋の中に突出している部分などは、角を千枚通しなどで探り、上に切りこみを入れると、折り返しが楽になります。形通りに定規とカッターで切りこむと、壁際にびったり納まる床材ができます。使う定規の長さで、床材を置く位置をきめ、まず壁の線を出します。次に壁より出た部分の線を引き、直交線を引いて、形を写します。こうして壁にぴったりあわした床材は、テープの裏紙をはがして壁際を固定し、次に中心線のテープでも固定します。

柄がきちんと合ったところで、二枚の床材を同時に重ね切りにします。二枚目の床材は柄あわせが必要になりますが、V字形の切りこみを三、四カ所入れて重ねると、柄合わせがしやすくなります。これで柄もきちんとあい、二枚の床材は継ぎ目もすき間なくあいます。床材の継ぎ目にはったテープの裏紙をはがして固定し、継ぎ目は専用の接着剤(シームシーラー)でシールしておきます。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

障子の種類や補修のやり方

・アイロンタイプ ロールを少し転がして張る位置を決め、様の1か所をアイロンで固定します。シワが残ったときは水を軽く吹いておきます。曲がらないように障子紙を広げ、まず四隅を固定します。余分な障子紙を切り …

no image

洗濯物を取り込む便利な方法

・洗濯物の便利な取り込み方 たたむのを楽にする方法を紹介しよう。洗濯は嫌いじゃないし、干すのも気持ちよくて好きだが、たたむのが面倒で嫌いという人は結構多い。まず、洗濯物を取り入れる段階で、最初に夫のも …

no image

奥行きのある本棚にしまうならここに注意

・奥行きのある本棚にしまうならここに注意 後ろの段を見るために前にある本をすべて取り出すのは面倒なので、結局、死蔵品と同じ状態になってしまう。奥行きのある本棚に前後に2段、ぎっしり本が収納されていると …

no image

結露を防ぐ方法-汚れと結び付いてカビの原因に

結露を放置すると、汚れと結び付いてカビの原因になります。結露を防止するには、市販されている窓ガラス用の断熱シートや、結露防止透明フィルムを張って、窓の断熱効果を高める工夫をします。これらは結露を防ぐと …

no image

食器戸棚のガラスの効果的な掃除方法

・食器戸棚のガラス掃除 ガラスはきちんとこまめに掃除するようにしよう。キッチンに置いてある食器戸棚は、料理中の油や手垢などがつき、ガラスがくもりがちだ。ガラスが取り外せる場合は、台所用の中性洗剤で丸ご …