雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

微妙な人間関係や心と心の情緒の世界で

投稿日:

ある人の話。かつての親友なので、自分から出かけていって、彼の更生に何とか自分が役に立とうとなにくれとなく世話をした。相手も感謝してくれていると思っていた。そんなつき合いの中で、自分の家に遊びに来てもらって、昔の学生時代のなつかしい思い出話などにふけったのだが、それから一カ月ほどしてある警察署から電話がきた。

たとえば、何とか困った人の繰り返しをストップさせたいと願って、その人格の改善に努力を積み重ね、そのむなしさに心が傷ついた経験の持ち主も多いのではなかろうか。学生時代の親友が卒業後グレてしまって、いろんな人のおカネをごまかしたとか、金品をまきあげたとか、そういうことをやっているという話を聞いた。

あなたのカメラとか貴金属とか、これこれのものが盗難にあっていませんか」と言う。よく調べたら、そうだった。何と一生懸命世話をしていた彼が、知らない間にみんな盗んでいたことがわかった。

パーソナリティに狂いのある困った人々は

パーソナリティに狂いのある困った人々は、小さな狂いの持ち主に比べると、一見普通の人に見える。この小さな狂いはよく見ないとつかみにくい微妙な狂いである。たしかに微妙な人間関係や、心と心の情緒の世界で、相手に困らされたり、傷つけられたりするのだが、少し専門的な見る目を劇持たないと、このミクロの狂いはうまくつかめない。

この盗みのように社会レべルでの大きなトラブルやあらわな逸脱行動を起こすパーソナリティの障害。この狂いは、初めに「困った人々とは、どんな人々ですか」と言ったときの、暴力をふるう人とか、盗みをする人とか、嘘をつく人など、あらわに目に見える形でみんなが困るような言動をあらわす人々である。

私たちがいつも一緒に暮らしている人々で、とてもいい面もあるし、楽しく、仲よくできる人がいるとしよう。うまくいってるときには、それなりにみんなと仲よくできる。しかし、ひとたびうまくいかなくなると、どうにも困るようなことが起こる人、一見うまくいってるように見える普通の人の中で、よく見ると、ところどころ困るところのある人がいるのである。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

発達した言語能力が必須だった

カバ、バッファロー、シマウマなどの骨の周囲に、数多くの道具が残されている。そうした動物を追跡し、取り囲み、殺すために、彼らには鋭い空間把握能力が必要とされた。戦利品を分配するためには、自分の義務を記憶 …

no image

動物は好みがうるさい過剰なエネルギーにあふれていた

トーマスいわく、マリアはすぐに、ひじを床について、遊びに誘うポーズをとった。追いかけて、と身ぶりで示したのだ。ミーシャはそのとおりにした。すばやく、陽気に、うれしくてたまらないといったようすで二頭の犬 …

no image

松下幸之助のダム経営と洞察力

ダム経営は、市民に水をいつも供給するためにダムを作って水を貯めておくように、企業もかせいだ金をその都度使い切ってしまわないで、一割なら一割、二割なら二割は残さなくてはいけない、という、いわば当り前な堅 …

no image

記憶は自己意識にとっては大変たいせつな問題

記憶は、自己意識にとっては、大変たいせつな問題です。今日の私と昨日の私が同じである、今朝、おきたときに昨日から連続した自分が生きている、一回死んで別人が生まれ変わったのではない、それは主として、記憶が …

no image

情熱と欲望が感情的な一体感と献身

シナリオでは、恋愛が性欲を引き起こし、やがて時間とともにそうしたむき出しの情熱と欲望が感情的な一体感と献身、つまりは愛着へと落ち着いていく。しかし、恋愛感情、そして愛着は、ベつのパターンでも発生する。 …