雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

美脚パンツで隠していたある秘密

投稿日:

洋服で、体型の弱点はいくらでも隠せます。それを痛感する出来事がありました。仕事仲間のCさんと温泉に行き、露天風呂に入ったときのことです。風呂場には、私の他にひとりいるだけです。ひと足先に浴場に着いた私は、湯船に入って彼女が来るのを待っていました。でも、なかなか来ない。

どうしたのかしらとつぶやいた瞬間、その女性が、なあに?とこちらを振り向いたので、びっくり!その女性が、Cさんだったのです。なぜ、私が彼女に気がつかなかったかというと、いつもは、スレンダーな印象なのですが、目の前にいる裸の彼女は、ウエストもヒップも足も結構ご立派、という有様。普段洋服を着ているときの体型と別物に見えたから。

いくら湯けむりで、視界が悪いとはいえ、裸のときと洋服を着ているときの姿が別人に見えるなんて。我が友達ながら、あっばれだと思った出来事です。おのれを知っている、とはまさに彼女のこと。気のおけない仲間のひとりですから、遠慮なく、おぬし、だましていたなとからかうと、ばれた?下半身が太いから、そこを美脚パンツでなんとかカバーして、上半身を披露していたのよですって。

家族と出かけるとさにはお揃い感を意識

どんなにセンスのよい妻だったとしでも、その横に並ぶ夫がどうでもいい拾好をしていると、決してその妻は素敵には見えません。よく、休日のデパートで、妻はブランドもので固めておしゃれをしているのに、夫は地味、その一方で子どもは目がチカチカしそうな色使いの洋服を着ている、そんな何の統一感もないチグハグな一家を見かけます。家族で出かける場合の洋服選びは、自分ひとりだけカッコよければいい、というわけにはいきません。

まず娘のコーディネートから決めます。理由は、娘がいちばん服の数が少ないから。それから、夫。そして最後は、私。自分だけよければいい、というような冷たさや、バランス感覚のなさを感じてしまう。いちばん洋服を持つ人が、他の人に合わせなさい、ということなんです。

これは、あるスタイリストさんのお話でした。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

デザイナーズブランドの服って実は二流メーカーが作ってたりする??

一九九〇年代も後期にな、ライセンス事業にそっぽを向く高級デザイナーが増え、グッチやアルマーニを始めとする大勢のデザイナーが、ブランド・コントロールを取り戻そうと、ライセンス契約を買い戻し始めた。そして …

no image

フレンチコネクションなどの店舗がすばやい回転ペースをめざすか

ファッション・ヴィクティムの場合、今も買い物の過程そのものを楽しいと感じるようなところがある。店内を見て回って、服を試着したり、生地を触ってみたりして楽しむわけである。ショッピングの科学の著者、パコ・ …

no image

ヒールの高さよりもきれいな形が重要

洋服には生地の具合はまだまだ現役でも、シルエットが引退なんてことも多々あるので、要注意です。定番とはいえ、毎年ちょっとずつシルエットやディテールが変わっています。定番と言われるものは、数年前のものでも …

no image

ファッションがハリウッドセレブに取りつかれている

セレブの魅力にはファッション業界により一層の注目が集まるようになったものだから、それはそれでいいけれど、デザイナーがスターで埋まった前列を頼みにするようになったらおしまいよ。もし、ショーン・ジョンのシ …

no image

人は変人になりたくないと思っている

概して、人間は、自分らしいと思える程度に目立ちたいのであり、変人には見られたくないと思っている。ごく普通の人々が普通でないものに手を出してみたところで、(別世界の人である若干のセレブやファッション関係 …