雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

宇宙

ビッグバンから太陽系の星の誕生まで

投稿日:

ビッグバンから太陽系の星の誕生まで。
陽子や中性子の直径は、クォークよりずっと大きくて、0・一ミリほどです。このころの宇宙の温度は一億度くらいだったと考えられています。ビッグ・バンから0・000000000一秒ほどたち、電子という粒子ができました。ビッグ・バンから0・一秒たつと、宇宙の温度が下がって、激しく動いていた粒子の動きが穏やかになりました。すると、クォークが三つずつくっついて、「陽子」や「中性子」と呼ばれる粒子ができました。

ビッグ・バンから三分くらいまでの間に、陽子、中性子、電子が結合して、原子ができました。このとき宇宙の温度は、一億度くらいでした。宇宙の中には、陽子、中性子、電子などの粒子と光の粒子がどろどろのスープのように詰まっていました。光の粒子なんておかしいと思われるかもしれませんが、光は粒子の性質と波の性質の両方をもっています。

陽子と電子が一つずつくっついたものが「水素原子」です。一つの陽子と一つの中性子がくっついたかたまりを「ヘリウムの原子核」といいます。これに電子が結びつくと「へリウム原子」です。このようにして、原子が生まれました。宇宙の温度は三度くらいでした。このときまでには、ビッグ・バンから三万年の時間がたっていました。

宇宙の中に霧のようなものが立ちこめてきた

やがて、宇宙の中に霧のようなものが立ちこめてきました。霧のようなものは、実は原子の集まりなのです。霧は、一様に分布しているのではなく、濃いところと薄いところがありました。原子にはおたがいに引きつけ合う力があるので、このように濃いところと薄いところができるのです。濃いところは、原子がたくさん集まっているところ、薄いところは、原子の少ないところです。

星は原子が集まったものなのです。霧の濃いところはどんどん原子を引きつける力が強くなります。こうして、霧の濃いところに銀河が生まれ、その中の一段と濃いところに星が生まれます。こうしてできた星は、やがて死んで爆発します。あとには、星の芯だけが青白い光を放って残り、そのほかの部分は宇宙空間に飛び散ってしまいます。宇宙空間に放り出された星のかけらはまた集まって、新しい星になります。太陽系の星々もこうしてできました。

-宇宙

執筆者:

関連記事

no image

アポロ11号の月面着陸

国家威信の回復という長年のアメリカの悲願が、ようやく現実のものとなろうとしていました。一九六九年七月十六日、アームストロング船長、コリンズ飛行士、ォルドリン飛行士の三人を乗せたアポロ11号は、地球を飛 …

no image

流星は地球の大気に太陽系内の塵が突っ込むとき

ある講演会で宇宙のビッグバンの話をした後で、待ちかまえていたように出た質問が「夏に流星はどちらの方角に多いか?」だった、というある専門家。同じ宇宙の研究といってもその対象は質の違ういくつもの階層から成 …

no image

人間の心に地球全体を破壊する現実の可能性を開くほど非合理な世紀

技術の合理性に献身した世紀は、すべての人間の心に地球全体を破壊する現実の可能性を開くほど非合理な世紀でもあった。それは、力を最高にすばらしく発揮しながら、自ら理解することができないいろんな方向に向かっ …

no image

プランクの理論

光の速度は一定です。光の周波数(振動数)が高くなるほど、すなわち、その波長が短くなるほどエネルギーは大きくなります。プランクは、光のような高周波の電磁波は、不連続なエネルギー粒子(エネルギーのかたまり …

no image

ペンシルロケットがはじめて日本で作られた頃

ペンシル型ロケットで基礎技術を集積した東京大学生産技術研究所は、それらの技術を発展させ、「カッパ型」や「ラムダ型」などの観測用固体ロケットを開発しました。そして一九七〇年には、重さ二四キロの日本初の人 …