雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

美は苦痛と言うが、半ば冗談、半ば真実

投稿日:

目立ちたがりの私たちだが、その反面、周囲から浮かない本性。苦痛に満ちた、一見グロテスクな慣習でも、いちあいファッショナブルなものになってしまう。まさに纏足がいい例だった。伝説では、宮廷内で、ある王子の愛美が両足にリボンを巻きっけ、爪先立ちで難びるように踊ったのが始まりだという。

ロサンゼルスでテレビ番組制作コーディネーターをしている一九歳のペニーが言う。この業界じゃ美は苦痛って言うけど、半ば冗談、半ば真実よ。カッコよくきめでいる時には、自信に満ちた空気が漂うもの。外見を褒められるほど気分のいいことはないわね。そんな時には、素敵に見せようという涙ぐましい努力は決して無駄じゃないんだって確信できるのよ。

慣習が他の美たちにも取り入れられ、やがては市中に飛び火した。間もなく、国中の母親が娘の足を折って爪先が足裏にくっ付きそうになるほど変形させたため、娘たちは生涯美しい障害者の身となった。

足の自由を奪うハイ・ヒールから

足の自由を奪うハイ・ヒールから、ありあまるほどの服を作ったりクリーニングしたりするのに使われる有毒化学物質に至るまで。私たちは、トレンディな服をクロゼットに溢れるほど詰め込みたいと願うあまり、快適さだけでなく、健康や安全性まで妥協してしまうようになった。

もともと奇怪なファッション・トレンドとして始まったこの慣習は、二世紀初頭まで続いていた。こうした中国の少女たちは、有無を言わさず纏足にされることが多かった。一方、私たちが自分の体をどための苦痛にも耐える。ファッショナブルでいたいという気持ちがあまりに強い私たちは、常識さえ捨て去ってしまう。

また、ファッションへの渇望は、私たちの健康に、環境を通してやや間接的にも影響を与えている。エラ・クラブによれば、アメリカで使われる殺虫剤類は、ほぼ四分の一がコットン用らしい。つまり、そうした化学物質の類が一番多く噴霧されているのがコットンだというわけである。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

百円ショップの活用上手なある主婦のお話

テレビ番組で百円ショップの商品を使った収納法などという企画がよく組まれていて、主婦の方々はいろんなアイディアを思いつくものだな、と感心します。残念ながら、私にはそういった才能はありませんが、最近、近所 …

no image

ファッションショーやトレンドに関する報道を行うようになったメディア

真面目なニュース・メディアもファッションの世界に魅了されたらしく、ファッション・ショーやトレンドに関する報道を行うようになった。いわゆる政教分離を曖味にして広告主のコレクションの素晴らしさを褒めそやす …

no image

レッドカーペットのファッションを批評していたキャスターや専門家

二〇〇二年度グラミー賞授賞式の翌朝、CNNはCNNグラミー・ガーブ(衣装)、当たりとハズレと題したコーナーを設けた。そこでは、モーニング・ショーのキャスターとふたりのファッション専門家が、レッド・カー …

no image

ヒールが高いのでこけるアクシデントが続出

グッチ。ミラノのショーで、ヒールを履いたイギリス人モデルのミシェル・デスワートが、ステージ上で足首を捻って転ぶアクシデントがあった。いったんは起き上がったもののまた転倒し、あきらめて裸足で歩いたデスワ …

no image

体にフィットした服を選ぼう-やはりオーダーのものは最高

洋服に使う生地で作ったチャイナ風ワンピース。まるで彼女のためにあつらえたようなワンピースて、背中からウエスト、ヒップ、ももへと、身体にびたりと沿ったシルエットに思わずため息がでそうに。サイズマニアの彼 …