雑学

ビールの王冠のギザギザの数はなぜ二一個なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ピーナツ入りの柿の種を出していた

ビールの王冠のギザギザの数はなぜ二一個なのか?

ビールの王冠のギザギザの数はなぜ二一個なのか?ビールの王冠のギザギザの数は二一個と、どのメーカーのビールでも、決まっている。ビールの炭酸ガスが抜けない栓を作れないかと研究を重ね、その結果、王冠に二一のギザギザをつけるという方法を考案したのは、一九世紀末、ビールの王冠を発明した、英国のウィリアム・ペインターという人物。

二点、四点よりも三点で支えるほうが物を固定するには、安定するという考え方の基本は、力学の常識。だが、三か所だけでビールの栓を固定すると、炭酸が抜けてしまう。そこで、三の倍数である二一個のギザギザを枠がピッタリできるようつくったところ、うまくいったのだ。

その後、ギザギザの数を増減させたこともあったが、各ビールメーカーでは試行錯誤を重ね、ついに二一個タイプを上回るものは作れなかった。21は、ウィリアム・ペインターが発明して以来、海外でも日本でも統一されてきた数字である。

考え方の基本は、物を固定するには、2点、4点よりも3点で支えるほうが安定するという力学の常識がある。栓抜きで固定するためには3点で固定すると安定する。『ビールの気が抜けず、外れにくく、空けやすい』という条件を満たすのは、3の倍数である『21』以外になかったそうだ。

ビールの歴史

ビールの歴史

「液体のパン」とも呼ばれるビールの歴史は古く、紀元前4000年以上前までさかのぼります。

考古学者によれば、ビールの起源は6000年以上前にも遡るともいわれ、人類最初の文明であるシュメール文化において既にビールが飲まれていたとされています。どちらが正しいのかは分かりません。

大麦のお粥を外に放置しておいたところ、そこに酵母が入り込み発酵してアルコールが生じたのが始まりだったと考えられています。

現在ではビールを飲んでの運転や未成年者の飲酒は法律で厳しく罰せられますが、紀元前1700年代に登場した初めての成文法である”ハムラビ法典”でもビールを取り巻く法律が制定されていたそうです。

日本人が水割りが好きな理由

日本人が水割りが好きな理由

欧米では、ストレートかオンザロックがほとんどだが、たいていの日本人はこれを水割りで飲む。日本人にもっともなじみのある洋酒といえば、ウイスキー。

水はチェイサーに入れて、別々に飲むのが流儀だが、日本人が水割りを好きな理由については諸説ある。

・国産ウイスキー会社の戦略。国産ウイスキー会社は、ハイボールや水割りの普及にこれつとめたが、どうせならと、つくるウイスキーもストレートで飲むより水割りで飲んだほうがうまくなるような味にした。
・日本の水のうまさ。日本の水道水はまずくなったといわれてはいるが、それでも欧米のそれと比べれば、格段にうまい。
・日本人のアルコールに対する弱さ。ウイスキーの場合、三倍くらいに薄めないと日本人の体質には合わない。
など。

最近は、ストレートでもかなりイケる国産ウイスキーが登場してきているが、大衆向けのウイスキーは、やっぱり水割りじゃないとおいしくない?

ウイスキーの瓶を引き取ってくれない理由

ウイスキー瓶は、ビール瓶や一升瓶と違って、メーカーや種類によって形がちがい、またビール瓶ほど数が出回るものでもない。ビール瓶や一升瓶は、酒屋で引き取ってくれる。そして、リサイクルされているが、ウイスキー瓶はそうはいかない。

酒屋としては数がまとまらないため、引き取ってくれないのである。ただし、クラブやスナックでは、同じ種類の瓶の数がそろうので、出入りの酒屋に引き取ってもらっているところもある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加