雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

ビーバーたちの恋人

投稿日:

木々の葉が赤や金色に染まりはじめると、スキッパーはふたたび生まれた家を離れ、いったんは見捨てたダムへと戻っていった。彼は荒れはてたダムをきちょうめんに直した。手際よく岸へ押しやった泥をピラミッドのように積み上げ、その小山に腺から出す香油と、生殖器から出す海理香をまき散らしていった。

ある晩、ローレルが餌を取りに行ったまま、谷から戻ってこられなくなり、近くの道路端で息絶えてしまった。、スキッパーはリリー池へ戻っていった。その夏ずっと、彼は両親を手伝ってダムを強化したり、水底をさらったり、ユリの花を集めたり、生まれたばかりの赤ん坊ハックルベリーとバターカップと一緒に遊んだりして過ごした。

ビーバーなりの刺激的な広告で誘いこもうという。自然の摂理がちゃんとはたらいてくれた。数日後の晩、自然誌研究家のホープ・ライデンが、月明かりに照らされたスキッパーを見つけた。水たまりからひょっこり顔を出した彼のあとにはー小さな茶色いメスのビーバーが顔をのぞかせた。

彼女が発情期を迎える何か月も前から

彼女が発情期を迎える何か月も前から、二匹は「愛し合って」いたのだろうか?著書リリー池のなかで、ライデンは書いている。「ビーバーはある種の魅力にもとづいて相手を選ぶのだが、それがじつに不思議で、興味深い。交尾という差し迫った衝動とはいっさい関係がないのだから」。

二匹は鼻を触れ合わせたあと、あたりを一緒に泳ぎまわり、水門に使う枝を集めてまわった。ビーバーのご多分にもれず、スキッパーと彼の黄褐色のお相手もまた、真夜中にこっそり絆を深め、やがて生涯のパートナーに落ち着いた。

ライデンの指摘は重要だ。ビーバーのあいだでは、相手に魅力を感じたり、愛着を感じたりといったことが、性交渉とはべつものとされている。それでも四月のある夜、二匹はビーバー式の夫婦生活を成就させた。スキッパーと彼の小柄な妻が、月明かりに照らされた水たまりから、一本の枝を一緒に歯にはさみながら姿を現したのだった。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

家族と共に過ごしてしまった

どんなに妻子を愛していたとて、心のつながった他人と別れるという、どこにである別れとして、これを受け入れるほかはない私は、A二は喜んでくれると確信していた。問題はC子だ。案の定私が二人に提案したとき、彼 …

no image

自分のできることとできないことを識別

Nさんには、自分のできることとできないことを識別し、すべてのことが何でもできるというよりは、このことができない、このことはできるというふうに、自分の能力を明確にして暮らしていきたいという気持ちが強くあ …

no image

欲求不満-攻撃性仮説と呼ばれる怒りの反応

心理学者のあいだでは「欲求不満ー攻撃性仮説」とよばれている、満たされない期待にたいする怒りの反応は、動物のあいだでは頻繁に観察されている。たとえば、報酬を求める脳内回路を人工的に刺激された猫は、狂喜す …

no image

ヒステリー性格の演技型

どれもこれも、テレビドラマの場合だったらこのように演じるだろうと思うシナリオどおりである。彼もまたいつの間にかこの悲劇の主人公に奉仕し、彼女を命がけで救ったり、危機のときには駆けつけたりする、感動的な …

no image

自己愛が肥大化した全能感の持ち主

神秘体験が、教祖との融合や一体感をさらに促進する。一人一人が自己愛が肥大した全能感の持ち主になっている。その分、これらの体験や信仰を共有しない人々を過小評価したり、時には攻撃的、迫害的な対象として体験 …