雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

環境問題

ベトナム戦争での枯葉剤散布により奇形児の急増

投稿日:

一九六〇年代初頭から七五年にかけてのベトナム戦争で、ジャングルを消失させるためにアメリカ軍は、2、4、5ーTを主体とする枯葉剤を大量に散布しました。この枯葉剤の中に2、3、7、8ー四塩化ダイオキシンが含まれていた。

除草剤は枯葉剤ともいわれ、ベトナム戦争で使われたことでよく知られています。2、4、5ーTをつくる際に、微量副産物として、2、3、7、8ー四塩化ダイオキシンの混入は避けられません。2、4、5ーTが散布された大豆から製造された植物油には2、3、7、8ー四塩化ダイオキシンが含まれていたのです。この大豆から作った油の残油がヒヨコにあたえられた

南ベトナムに散布された枯葉剤の量は六万七一五キロリットル、散布面積は一三一万へクタールにもなりました。東京都の六倍もの面積に、一へクタールあたり五一リットルの枯葉剤が散布されたのです。この結果、内陸部の森林の一二パーセント、マングローブ森林の四〇パーセント、耕作地の五パーセント以上が壊滅したといわれています。

一九七一年に枯葉剤作戦は中止されましたが

一九七一年に枯葉剤作戦は中止されましたが、この時点ではまだ、枯葉剤の毒性がダイオキシンによるものだということはわかっていませんでした。しかし、やがて米国環境保護庁のノイバート氏らの報告により、2、3、7、8ー四塩化ダイオキシンの催奇形性は、2、4、5-Tの三万倍以上から一万倍以上も強いということ、2、4、5ーTの中に一〇ppm以下というごくわずかな濃度の2、3、7、8-四塩化ダイオキシンが含まれていれば、催奇形性があるという事実があきらかにされた。

枯葉剤散布による人体への影響にはいろいろなものがありますが、特に催奇形性が顕著でした。一九六九年六月、南ベトナムの住民に出産異常、奇形児の出生率が急増していることが報道されました。一九六九年秋、アメリカの国立衛生研究所のコートニー氏が、ラットやマウスの実験で、2、4、5-Tが奇形や流産を引き起こすことを実証し、これを受けた米国科学振興協会は枯葉剤散布の即時禁止を決議しました。

-環境問題

執筆者:

関連記事

no image

CO2排出量を減らす

二〇〇一年、アメリカが京都議定書を離脱するといい出した。京都議定書を取り決めたときの大統領が民主党のクリントンで、二〇〇一年には共和党のブッシュになっていたのが大きな理由でした。そのために他の国の批艦 …

no image

国際環境規格であるISO14001の認証を取得する企業が急増

アメリカ企業に遅れをとっているように見えますが、これから先、環境制約の壁はさらに厚く高くなってきます。その場合、地道な努力の積み重ねによって環境制約の壁を乗り越えることができれば、日本企業は、将来には …

no image

環境ISO取得企業の増加

環境ISOの登場は、法律によらず、市場を通して環境配慮型企業とそうでない企業をふるいにかける合理的な仕組みといえます。ISO14001は、経営の視点から、明らかに電気代や資材の節約が進み、コスト削減に …

no image

アメリカは農産物を含めた輸入品を原則輸入自由化することを要求した

アメリカは、農産物を含めたすべての輸入品を「原則輸入自由化」することを要求し、「貿易、為替自由化計画大綱」において日本はその要求を受け入れました。また、「農業基本法」に基づいて「選択的拡大」策を選びま …

no image

地球規模で生物種の絶滅が進んでいる

アマゾンの川には、テラロッサ(熱帯独特の赤い土)がまるで赤い血を流しているかのように、一〇キロにも及ぶ川幅いっぱいに流れます。ジャングルはトラがりされたように無残な姿となっています。熱帯雨林はもろくて …