雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

環境問題

ベトナム戦争での枯葉剤散布により奇形児の急増

投稿日:

一九六〇年代初頭から七五年にかけてのベトナム戦争で、ジャングルを消失させるためにアメリカ軍は、2、4、5ーTを主体とする枯葉剤を大量に散布しました。この枯葉剤の中に2、3、7、8ー四塩化ダイオキシンが含まれていた。

除草剤は枯葉剤ともいわれ、ベトナム戦争で使われたことでよく知られています。2、4、5ーTをつくる際に、微量副産物として、2、3、7、8ー四塩化ダイオキシンの混入は避けられません。2、4、5ーTが散布された大豆から製造された植物油には2、3、7、8ー四塩化ダイオキシンが含まれていたのです。この大豆から作った油の残油がヒヨコにあたえられた

南ベトナムに散布された枯葉剤の量は六万七一五キロリットル、散布面積は一三一万へクタールにもなりました。東京都の六倍もの面積に、一へクタールあたり五一リットルの枯葉剤が散布されたのです。この結果、内陸部の森林の一二パーセント、マングローブ森林の四〇パーセント、耕作地の五パーセント以上が壊滅したといわれています。

一九七一年に枯葉剤作戦は中止されましたが

一九七一年に枯葉剤作戦は中止されましたが、この時点ではまだ、枯葉剤の毒性がダイオキシンによるものだということはわかっていませんでした。しかし、やがて米国環境保護庁のノイバート氏らの報告により、2、3、7、8ー四塩化ダイオキシンの催奇形性は、2、4、5-Tの三万倍以上から一万倍以上も強いということ、2、4、5ーTの中に一〇ppm以下というごくわずかな濃度の2、3、7、8-四塩化ダイオキシンが含まれていれば、催奇形性があるという事実があきらかにされた。

枯葉剤散布による人体への影響にはいろいろなものがありますが、特に催奇形性が顕著でした。一九六九年六月、南ベトナムの住民に出産異常、奇形児の出生率が急増していることが報道されました。一九六九年秋、アメリカの国立衛生研究所のコートニー氏が、ラットやマウスの実験で、2、4、5-Tが奇形や流産を引き起こすことを実証し、これを受けた米国科学振興協会は枯葉剤散布の即時禁止を決議しました。

-環境問題

執筆者:

関連記事

no image

ある町のビオトープの実験

シュツットガルトの西一〇〇キロほどにあるカールスルーエという静かなたたずまいの町では、ビオトープ(そこに元々あった自然を復元させること)の実験が行われていました。川辺には、以前そこに群生していた植物も …

no image

アメリカには様々な自然保護団体がありながら環境問題に冷淡

多くのアメリカ人にとって、環境問題とは、自分たちが築き上げてきた豊かな社会を否定するものだ、との拭いがたい誤解があるように思えてなりません。デュポン社は、アメリカ企業の中でも、環境経営度の高い企業とし …

no image

食品添加物の安全性の評価

私たちは、商品を手にとって、添加物の欄を点検する必要があります。瓶詰めなどは比較的添加物が少ないのですが、添加物をまったく使っていない製品もありますので、多少高くても、そのような製品を買いましょう。消 …

no image

地球にオゾン層が誕生

地球の誕生後、地球の表面が冷えてくると、それまで地球の表面を取り巻いていた水蒸気の温度も下がり、これが雨となって地球に降り注ぎました。何万年も雨が降り続きました。時間がたって、海が冷えていったころにも …

no image

「写ルンです」世界で最初に動脈部門と静脈部門を一体化させた!?

レンズ付きフィルム「写ルンです」の富士写真フイルムの工場は、恐らく世界で最初に動脈部門と静脈部門を一体化させた究極の二一世紀型循環生産システムのモデル工場といってもよい。当初、使い捨てカメラとして開発 …