雑学

ベランダ、バルコニー、テラスの違いは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
世界各地の鉄道やバスの乗車券予約を取り扱うH.I.S.本社

ベランダ、バルコニー、テラスの違いは?

バルコニー、ベランダ、テラスの区別はどうなっているのか分かるだろうか?不動産屋のチラシなどで物件の間取り図を見ると、室外部分がベランダと書いてあったりバルコニーと書いてあったりする。ベランダとバルコニー、そしてテラスはどう違うのだろうか?

日本家屋の縁側やぬれ縁も、ベランダの一種。ただし、用語の使われ方はかなり曖昧(都内の一級建築士)とのことで、特にバルコニーとベランダは区別なく使われる傾向にある。

図面を引く立場の建築家はどう区別しているのか。テラスは平らな床、という意味。リビングやダイニングから直接出入りできる戸外のスペースで、地面のままなら庭、コンクリートやタイルで固めるとテラスになります一般的に、バルコニーは中高層住宅(マンション)で建物の外側に張り出して造られた屋外スペース。べランダは一戸建て住宅の窓に面して造られたスペースを指します(都内の一級建築士)、とのことのようだ。

建物の外に張り出した部分で、縁や柵で囲まれることがあり、庇や軒下に収まっているものはバルコニー。その中で屋根がかかっているものがベランダ。

ベランダとバルコニー、それぞれの違いは建築基準法で定められているはず。まずは法律を管轄する国土交通省に聞いてみた。ベランダとテラスにいたっては、基準法に語句が登場しないので違いもわかりません。

テラスとは、建物の1階部分から、床と同じ高さで庭や街路に向けて張り出したスペースのことだ。テラスとはもともと「平らな床」という意味で、リビングやダイニングと連携するように設けられた屋外フロアを指す。

建物から床と同じ高さの庭や街路に向けて張り出した部分で、リビングやダイニングと連携するように設けられた、主に屋根のないもの。

予想に反して、お役所では明確に定義していないようだ。バルコニーという単語は建築基準法の中で使われていますが、法律上の定義はありません(国土交通省住宅局建築指導課)、ということのようだ。

マンションのバルコニーは共有部分にあたる

ちなみにマンションのバルコニーは共有部分にあたり、専有スペースではないそうだ。手すりだけのちょっとした物干しスペースがバルコニー、適度な広さを確保したものがベランダなど、説明はまちまち。たしかに日本での用語の使われ方は曖昧なようだ。

ただ、ある専門家によると、バルコニーとベランダの大きな違いは、屋根があるかどうか、ということらしい。ベランダの場合、屋根があるので、洗濯物などが濡れない。また、バルコニーの場合は、屋根がなく手すりのついた台のことを指すようだ。

主に2階以上にあるものを指すが、まれに1階にあってもベランダと呼ぶこともある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加