雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

ベンチレーターとは人工呼吸器のことを指す-用語集

投稿日:2014年11月23日 更新日:

医者しか知らない、医者の間だけで通じる用語がいくつもある。ここではそんな、医師の間で使われている用語をいくつか紹介していこう。一般の人が日常生活で使うことはないと思うが、病院へ行ったときに、医師の会話の中で出てくるかもしれない。

・ブレーンデス(brain death)

ブレーンとはもともと脳ミソのことだが、そこから派生して優秀な人物という意味もある。

・ベッドヲモツ(ベッドを持つ)

入院患者の担当になることをベッドを持つという。

・ベッドヲタテル(ベッドを立てる)

心不全の患者は横に寝たままだと、肺に水がたまって息が苦しくなるから、患者のベッドを立てておく。ただし、バカ力を出して患者のベッドを垂直に起こし、壁に立て掛けるようなことはしない。そんなことをしなくても、ベッドの頭の方についている取っ手をクルクルと回せば、ベッドの上半身部分だけが起き上がるようになっている。

ベンチレーターとは人工呼吸器のこと

・ベンチレーター(ventilator)

ベンチレーターとは人工呼吸器のことであり、自分でうまく呼吸できないほどの重症の患者や、全身麻酔による手術中に用いる。なお、ベンチレーターの別名をレスピレーターともいう。病院には体の具合の悪い人が入院している。だからといって、ベンチがついたエスカレーターやエレベーターがあって、これらをベシチレーターと呼んでいるわけではない。

・ヘルツ(herz)

ヘルツとは心臓の意味。

・ブルート(blut)

医者コトバのブルートは、血という意味だ。野獣も弱い動物を襲ってその肉を食べるという血なまぐさいことをやっているが、そういう点ではbruteとb1utは共通しているが、アメリカ漫画のポパイに、ブルートという悪役が出てくる、あのブルートはbrute、つまり野獣という意味であり、ここでいうブルート(b1ut)とは違う。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

全国医学部長病院長会議は医師の臨床研修制度について見直しを求める

病院全体で医者が六人とか八人とかいうような事態が生じて、医者が過労状態になったり、救急をやめたりということも起きているそうだ。これに対して、全国八の国公私立大と附属病院からなる「全国医学部長病院長会議 …

no image

インフルエンザワクチンの製造方法

日本国内ではインフルエンザの流行は、初冬から春にかけて起こることが多いです。理由はインフルエンザウイルスが乾燥した時期を好むからです。 インフルエンザが流行してしまうと大変ですので、あらかじめ流行前に …

no image

入院患者が強制的に退院転院させられる理由には色々ある

病院の区分けをますます進める厚生省の考え方からすれば、大学病院は急性期の病気しか診ないと定義付けられそうである。患者の不満はそういう意味では高まるばかりであるが、国の医療制度が破綻をきたしている現状で …

no image

外反母趾の病院での治療方法は?手術で改善可能?痛みはない?

外反母趾は、足の親指が変形してくの字の形になってしまう病気です。親指の付け根の部分の関節が腫れたように突出してしまう特徴もあります。 外反母趾になってしまう理由は、靴が合っていないからです。幅が狭くて …

no image

採血検査のときに朝食を抜かないといけない理由

遅刻しそうでも、朝ご飯だけは欠かせないという人たちにとっては、かなりつらいことです。なかには、学生時代から、朝は何も食べない習慣ですからという若いサラリーマンの患者さんもいます。次回の受診日に血液検査 …