雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

意外に難しいベージュのコーデ術

投稿日:

定番カラーと安心しきって、数年前のものを着ていると、一昨年の女になる恐れもありますので、気をつけてください。べージュはその年によって、流行りのトーンが微妙に変化しています。

最近のベージュは、黄みがかったベージュ、ピンクがかったベージュ、グレーがかったベージュなど、いろんな種類が出ています。この微妙な色みの違いに気がつかずに、どれも同じと思って、ベージュ同士の組み合わせをすると、どこか野暮ったい印象になります。ベージュは、ベージュ系で統一してコーディネートすると、とでも上品に見えるカラーですが、このグラデーションを甘く見ではいけません。べージュはトーンをよく把握することです。

また、ベージュの洋服に関しでは、ブランドを決めてしまうのも手。薄い濃いの違いはあれど、ブランドが一緒ならトーンが揃っているので、どれを組み合わせでもきれいにまとまることが多いんです。本当に後悔したくないなら、合わせたいアイテムを着ていくか、バッグの中に入れるかして、買い物に行くことをおすすめします。たとえば、黄みのあるキャメルっぽいベージュのスカートに、グレーがかったニットの組み合わせは、どう見でもチグハグ。

渋い光沢感のある素材でリッチ感をプラスすると

それに、素材感も大事。へビ皮やメッシュ、渋い光沢感のある素材でリッチ感をプラスすると、たくさんいるフツーべージュから上級ベージュへと昇格します。色の記憶の達人でないと、なかなか簡単にはものにできないベージュですが、うまくいけば、黒×べージュコーディネートの数倍、特別感を演出できる色です。

赤、黒、白などのわかりやすいソリッドカラーよりは、濃いめの微妙な色のものを合わせると、よく頭を使ってコーディネートをしているように見えます。へビ皮のバッグや、カーキのメッシュレザーのバッグ、ブロンズのパンプスなどは良いでしょう。べージュの着こなしを、よりリッチな感じにするには、小物選びがものを言います。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

シャツの色で印象が大きく変わる-注意したいポイントは?

いまのシャツはほとんどがストレッチの入ったものなので、いまさら言う必要もないかもしれませんが、コットンストレッチで、ほどよく身体のラインにフィットするシルエットのものが、全身をきれいに見せてくれます。 …

no image

ピンクでフェロモンを高めるファッションへ

・ピンクで女っぷりをあげる やっばり、フェロモンって大事よね。ことの発端は、取材で訪れたミラノで見た四十、五十代女性たちの女っぶりのよさに感動してしまった、ということなんです。日本でこのくらいの年代だ …

no image

人は変人になりたくないと思っている

概して、人間は、自分らしいと思える程度に目立ちたいのであり、変人には見られたくないと思っている。ごく普通の人々が普通でないものに手を出してみたところで、(別世界の人である若干のセレブやファッション関係 …

no image

ファッション業界が広める美のイメージに躍らされている

ファッションとボディ・イメージの結び付きについてそこまでわかっているのなら、ちはもっと上手に対処できないのだろう。調査やマス・メディアの論調は、どれもこれもばっとばかり。だが、間違えてはいけない。私た …

no image

アパレルマーケットが恐ろしいほど均一なものになるのは

デザイナーはみんなテキスタイル・フェアで生地を揃えるんだけど、そこに買い物に行くと、いきなりプリント生地のプースばかりが延々続いている、なんてこともある。すべてテキスタイル市場のせいなの。デザイナーが …