雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

番犬 猟犬、牧羊犬は、人間にとって有用であるから生き残る資格がある

投稿日:

イスラム教で犬が最大の活躍をするのは、経典に出てくる七人の眠れる人の物語であろう(ただし、キリスト教でも同じような物語が形を変えて残っている)。ある種の犬、とくに番犬、猟犬、牧羊犬は、人間にとって有用であるから、彼らは生き残る資格がある(言い伝えによれば、預言者自身も実際にサルーキ犬を持っていて、狩りで使っていた)。

こうした配慮から、黒い野良犬、それもとくに眉のあたりに自い星のあるもの(アラブ人にとっては悪魔のしるしである)だけが殺されることになった。国家が奨励する宗教を強化するために、キリスト教徒その他の無信心者が犬量に迫害を受けた。ローマ帝国でデキウスがわずかのあいだ、皇帝となった紀元二五〇年頃のことである。男のひとりが飼っていた愛犬が、逃げる彼らのあとに従った。洞窟に着いたとき、仲間は犬キトミールという名だったが映えて隠れ場所が見つかることを恐れ、犬を追い出そうとした。

シーリウス山の洞窟へ身を隠した

エフェソス(現在の西トルコ)の町で、七人のイスラムの信仰心厚い男たちがシーリウス山の洞窟へ身を隠した。そのとき神は犬に言葉を与え、こう言わせた。私は神に愛される者を愛します。私が番をしましょう。ですからお休みください。デキウスは近くの洞窟に異教徒たちが身を隠したのを知り、すべての洞窟の入口を石でふさくことを命じた。男たちは洞窟の壁にもたれて眠りにつき、犬は入口のほうに前脚を伸ばして座り、見張りを始めた。

キトミールは洞窟がふさがれてもひたすら不寝の番を続け、男たちの眠りが邪魔されないよう守った。やがて彼らは忘れられ、三〇九年のあいだ眠り続けた。イスラム教の伝説では、犬のキトミールは死んだあと天国へ入ることを許されたという。ついに採掘者たちが山を掘り起こしてその眠りが覚まされたとき、犬はやっと身を起こし、任務を終えて世の中へと戻った。その頃には彼らの信仰も認められていたのである。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬の性格テストなどの条件

従順性テストでは、犬の問題解決能力と学習知能を調べるために、犬が生後一年ぐらい経ち、テストをおこなう人と三カ月ぐらいは生活をともにしている、というのが条件だ。しかし、性格テストでは、異なった条件が要求 …

no image

猫はそのつらい体が許すかぎりの速さで彼女のもとへやってきた

一九五五年四月、職場を変えた正看護婦のヴィヴィアン・オールグッドは、オハイオ州サンダスキーからフロリダ州オーランドへ引っ越さなければならなくなった。愛するペットと別れざるを得ない状況というのはいつも悲 …

no image

名犬リンチンチンの映画-唯一の犬のスター

リンテイは、伝記映画まで作られた唯一の犬のスターだった。一九七六年に封切られたこの映画はウォントントンハリウッドを救った犬というタイトルがついていた。主役を務めたのはアウグストウス・フォン・シューマッ …

no image

羊飼いは犬に10通りほどの命令を教えコントロールする

羊飼いは犬に一〇通りほどの命令を教えさえすれば、完全なコントロールが可能になる。 ・終わり この合図で犬は群れを離れて飼い主のもとへ戻る。 ・伏せ待ち 伏せのポジションをとり、犬は地面に伏せながら群れ …

no image

犬と人間の違いはある種の知的能力を所有する程度の差

人間も犬もともに感情をもつが、人間のほうがより複雑である。人間も犬もともに学習し、記憶し、問題を解決し、経験から学ぶことができるが、人間のほうがそのいずれにおいてもまさっている、という。犬の知能に関す …