雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

バックカントリースキーを子供と行く場合の注意

投稿日:

山スキーで子供とバックカントリーに足を伸ばすときは、エリアガイドなどで雪崩の危険度をチェックしてから出かけよう。天候陽射しには十分気をつけて。高所への順応も、子どもの体にとっては大仕事。だから標高の高すぎる場所は避けたほうが賢明だ。日焼け止めクリームに加え、サングラスかゴーグル、またはつばの広い帽子を着用すること。雪に反射するぎらつきで、子ども達のデリケートな肌や目は、いとも簡単に傷ついてしまう。

高所障害に苦しんでいても、まだ小さくてうまく伝えられない子どもには、とくに気をつけてあげたい。気温は低いし風冷えもある日は、電想焼けや凍傷にかかる可能性アリ。子どもの肌を風から保護し、鼻や耳など突き出た部分はひんばんにさわってみる。最初は、外で過ごすのもせいぜい2時間までにしておこう。だんだん慣れて、お天気も良ければ、4~5時間は問題なく遊べるようになる。

うっかり悪天候につかまってしまったとき

うっかり悪天候につかまってしまったときに備えて、エネルギーはいつも満タンに近い状態できれば宿をべースにして、スキーはデイトリップという形で遊びたい。これなら万一スキー中に何か起こっても、投宿先で気づいてくれるから心強い。それに1日の終わりに暖炉の前で憩い、暖かい食事にありつけるのは、子ども達にとってもうれしいひとときなのだ。山の空は変わりやすい。出かける前に最新の気象情報をチェックし、スキー中も常に空模様に注意して、怪わず引き返す。

赤ちゃんの場合なら、おむつ交換も大問題。出かける直前に替えて、汚れたら帰ってくる、そんな人が多いようだがしかたがない。冬のアウトドアでのおむつ交換は、赤ちゃんにとって拷問に等しいし、危険でもあるのでやめておこう。子どもを背負ってのスキーは、スキーヤーの腕がどんなに確かでも、なだらかなトレイルに限る。バランスを崩してコントロールを失い、木をよけきれないことだってあるのだから。チャイルドキャリアで背負うなら、赤ちゃんの首がしっかりしていて、体もしゃんと座っていられること。これが前提だ。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

静かなカヌーのパドリングを楽しみたかったある親子

静かなカヌーのパドリングを楽しみたかったある親子。 ほんの10分でいいから、静かなパドリングを楽しみたい、それが私の願いだった、とある母親。同じようにカヌーをしていても、興味の対象や忍耐力は子どもによ …

no image

子供が可愛いのに-アウトドアに連れ出したらイライラしない

アウトドアに子どもを連れ出したら、イライラしてはいけない。規則正しく平和な場所からこんな異郷へ子どもを連れ出し、調子を狂わせたのは親であるアナタなのだし、子どもは心のよりどころを求めているだけ。適応で …

no image

サイクリングロードランの最中に子どもをあやすのは至難のワザ

自転車トレーラーから出て遊びたがる子を、こちらの都合で抑えこんなのちっとも楽しくないやと判断されたら、ファミリー・サイクリングの夢は水泡に帰すから、食料なども多めに持っていこう。1日どれぐらいなら我慢 …

no image

子どもブーツと確保しておきたい気持ちよく乾いた靴下

アウトドアでは、大人用のレインウエアと同じ品質、機能を子ども用にも求めるようにしよう。フードの中や、寒いときにはバラクラバの下にもかぶれる。頭を動かすたびにフードがガサゴソしないのもよい。子どもは、レ …

no image

登山靴は重いものから軽いものへ

登山は岩山を歩き、けわしい道を登る。登山靴は当然、それを想定して作られている。そうした点で、トレッキング・シューズはあまり激しい登山には向いていない。登山靴は重いものとされてきたが、最近のウォーキング …