雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

バックカントリースキーを子供と行く場合の注意

投稿日:

山スキーで子供とバックカントリーに足を伸ばすときは、エリアガイドなどで雪崩の危険度をチェックしてから出かけよう。天候陽射しには十分気をつけて。高所への順応も、子どもの体にとっては大仕事。だから標高の高すぎる場所は避けたほうが賢明だ。日焼け止めクリームに加え、サングラスかゴーグル、またはつばの広い帽子を着用すること。雪に反射するぎらつきで、子ども達のデリケートな肌や目は、いとも簡単に傷ついてしまう。

高所障害に苦しんでいても、まだ小さくてうまく伝えられない子どもには、とくに気をつけてあげたい。気温は低いし風冷えもある日は、電想焼けや凍傷にかかる可能性アリ。子どもの肌を風から保護し、鼻や耳など突き出た部分はひんばんにさわってみる。最初は、外で過ごすのもせいぜい2時間までにしておこう。だんだん慣れて、お天気も良ければ、4~5時間は問題なく遊べるようになる。

うっかり悪天候につかまってしまったとき

うっかり悪天候につかまってしまったときに備えて、エネルギーはいつも満タンに近い状態できれば宿をべースにして、スキーはデイトリップという形で遊びたい。これなら万一スキー中に何か起こっても、投宿先で気づいてくれるから心強い。それに1日の終わりに暖炉の前で憩い、暖かい食事にありつけるのは、子ども達にとってもうれしいひとときなのだ。山の空は変わりやすい。出かける前に最新の気象情報をチェックし、スキー中も常に空模様に注意して、怪わず引き返す。

赤ちゃんの場合なら、おむつ交換も大問題。出かける直前に替えて、汚れたら帰ってくる、そんな人が多いようだがしかたがない。冬のアウトドアでのおむつ交換は、赤ちゃんにとって拷問に等しいし、危険でもあるのでやめておこう。子どもを背負ってのスキーは、スキーヤーの腕がどんなに確かでも、なだらかなトレイルに限る。バランスを崩してコントロールを失い、木をよけきれないことだってあるのだから。チャイルドキャリアで背負うなら、赤ちゃんの首がしっかりしていて、体もしゃんと座っていられること。これが前提だ。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

季節の特徴、特色を知っておこう

日帰り登山のために、季節の特徴、特色を知っておこう。九月は台風の季節である。このころツバメは、鹿児島や石垣島まで集団で移動している。里山ではクリが実り、カキが色づく。気の早いハクチョウやマガモが湖に姿 …

no image

スキーに子供といく場合、服装などの用意はバッチリと行う

クロスカントリー・スキーは、静謡で美しい自然と一体になれるスポーツ。しかも年長の子どもにとっては、冬のアウトドア技術をまたひとつ身につける機会でもあり、体力やテクニックを試すチャンスなのだ。自分のこと …

no image

遭難とは困難に遭遇すること-より広い範疇で用いられる

遭難とは困難に遭遇することですので事故を含む、より広い範疇で用いられます。実際に事故が起きていれば遭難事故となります。事故だけでなく道迷い、疲労、計画の不備などにより本人の意志に反して計画通り下山でき …

no image

山登りのトレーニング方法は事前にしっかりとやっておくこと

・山登りの前にトレーニングすべし ぼくは1年のうち半分は山に登っています。これだけ山に登っていれば、トレーニングに不足はないと思われるでしょうが、そのほとんどは主宰する無名山塾の中高年と女性のための山 …

no image

トレイルでのルールをしっかりと子供に教えておこう

家族の能力をじっくり検討し、どんな山行形態ならお手頃で楽しく、しかも満足感があるか調べる。まずは手軽なハイキングで様子を見よう。先行が許されている子どもには、トレイルでのルールをしっかり教えておく。た …