雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

バックパック-子供が背負う荷物の重量

投稿日:

ある家族の話。エイドリアンには夢がある。夏休みの1カ月間を、アパラチアン・トレイルでハイキングすることだ。ボブとエイドリアン父娘はバックパッキング歴5年。彼女が8歳の年に最初の2泊3日行にトライ。ボブによると、エイドリアンが無理せず歩けるマイル数は、彼女の年齢とまったく同じだそうだ。これを毎年続ければ、高校卒業までに全3400キロを踏破できる。偶然にも、父親が同じ夢を持っているのだから、これは夢で終わらない可能性が高い。

子どものバックパックは、体重の2割を超えないこと。山は初めてとか、重いものを持ったことがないという子なら、もっと少なく。1日の初めはヤル気満々だからいいけれど、疲れが出てきたら荷物量を減らしてあげることも、ときには必要だ。荷物を背負って元気に進める距離も、手ぶらのときらいになってしまう。トーマスが自力で達成した距離と、これまでに身につけた山での技術を誇りに思ってほしい。トーマス・リッキーが成長とともに山にも慣れ、かなりの距離をカバーしたころ、彼の両親は考えた。

手渡された金色のトロフィー

そして、特別に友達を招いて催したディナーの席で、手渡された金色のトロフィー。このトロフィーは今でも、彼の部屋の一番いい場所に飾られている。山で過ごしたすばらしい時間を、こうして目に見える形で楽しむのも悪くない。また、小学生なら、通学用デイパックのおかげで、荷物には慣れているはず。でもトレイルでは身軽でありたい。できるだけ軽量化を。荷物のせいで気が散るようなら持たせない。

シュラフなどかさばるものを持つには、まだ身長が足りないかもしれない。また、ティーンエイジャーのバックパッキングに関しては、大人同様のパフォーマンスが期待できる年齢だ。本人が真剣なら、ガイドブックを薦めてみよう。装備の選択、パッキング、ルートや食事の計画、そういったことも、自分でできるようになる。経験や親のやりかたから学ぶだけがすべてではない。一緒に行きたがればプランニングにも全面的に参加させ、大人として扱おう。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

糖原病の子供-アウトドアに対する情熱でハイク

ある家族のお話。アウトドアに対する情熱は、バリーとシャロンにとっては体の一部とさえいえる。生後4カ月で糖原病と診断された。原因は軽い風邪でも、そのせいで消化機能に支障をきたせば、発作を起こして取り返し …

no image

最近では「爆弾低気圧」というのが知られている

最近では「爆弾低気圧」というのが知られている。暖冬になるとしばしば現われる、日本付近を猛烈に発達しながら北上する低気圧のことだ。十二時間に中心気圧が一〇へクトパスカル以上、下がることがある。この低気圧 …

no image

布おむつの使い方やハイク時の色々な実践法

赤ちゃんとハイキングに出かけた場合、取り替え作業の前に清潔なおむつ一枚をその敷物の上に重ねて、排池物による汚れを防ごう。バックカントリー用には小さなフォームパッドがあると便利。地面が柔らかくて乾いてい …

no image

キャンプの騒音などの問題

管理人のいる規律正しいキャンプ場でさえ、隣人との交渉が必要になることがある。ある家族がキャンプ場を、利用したときのこと。ほかのサイクリスト数人が先に来ていた。グループの別の人に、遅くまで起きているのか …

no image

ある家族のグランドキャニオン旅行記

ある家族のグランドキャニオンでの思い出を紹介しよう。私達はまずトント高原まで降りてから、トレイルを外れて、荷物をそこへデポした。そしてまたトレイルに戻り、いざコロラド川へ。最初私達が予定していたキャン …