雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

バックパッキング-テントで過ごした娘との素敵なひととき

投稿日:

デイハイクやオートキャンプにしか慣れていない子には、初めてのバックパッキングを快適に過ごせるよう配慮してあげたい。子どもの成長に伴って体力もついてきたら、セーターや小型水筒、行動食、そのほか持ち歩くのが楽しいモノを加えていく。小さないぬいぐるみゃおゃっから始めて、徐々にならしていこう。デイパックを持たせて探検ごっこをするなど、日頃からの訓練も大事だ。

そのうちに、バックパッキングというスポーツを抵抗なく理解し、楽しめるようになる。ときには共同装備の一部を持ってもらうようにすると、重要メンバーとしての自覚が体にみなぎって、よい効果を及ぼすこともある。電灯はないし、お気に入りの枕もないところでの1泊目。ママがお家でお留守番している場合も、子どもの不安をかきたてる。ある家族がデイハイクを始めたのは、娘が4歳のころ。娘が6歳になると、バックパッキングの計画を開始。ハイキングを重ねるごとに、自然に対する彼女の愛情がふくらむのを見て、父親もゆっくりのんびり歩く喜びを味わった。

初めてのテント泊に怖さ半分うれしさ半分

娘は、初めてのテント泊に怖さ半分、うれしさ半分。でもパパがいるから大丈夫、と確信していた。まずは、自然公園内で、車道から400m入ったところでのキャンプ。三方囲いのシェルターがあったので利用した。何百万人も人がいるのに、ババと私だけがこの静けさを独り占めしているんだよね。それが娘の感想だった。寝る前に2人は懐中電灯を手に、ビューポイントまで登り、星を眺め、谷間の家から漏れる光を数えた。

星が薄れ、人家の灯も消え、そして朝日が登るのをシュラフにくるまりながら眺めた。これは、苦もなく成功した1泊行だ。娘には、テント泊への自信が生まれ、もっと本格的なバックパッキングへ行きたがるようになった。金曜の夕方、仕事から帰ってすぐキャンプに出発し、翌日は家族との朝食に間に合うよう帰宅。娘はホームシックを感じるヒマもないのだ。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

幼児のアウトドアでの服装はどんなものがいい?

小さな子ども達がアウトドアに出かける場合には、オーバーオールを着せて、腰や胃腸部分を暖かく守ってあげたい。フリース素材の生地が手に入るなら、オーバーオールを自分で縫うのもアイデアだ。生地自体、安い買い …

no image

高尾山はフランスのミシュランの評価がきわめて高かった

東京の高尾山は、フランスのミシュランの評価がきわめて高かった。この高尾山は本来、修験道の山である。東京都の西部、八王子市にあって、広大な関東地地の東端に位置している。中腹にある薬王院は、関東三山の一つ …

no image

熊に遭遇したら後ずさりしてこちらがゆっくり下がりましょう

長年山登りをしているとクマとの出会いもあります、とある登山家。一番よいのは鈴などをつけ出会う前に退散してもらうことです。クマに動く気配がなければ後ずさりしてこちらがゆっくり下がります。面と向かいあって …

no image

登山でストック二本を正しく使用している人は少ない

残念ながら二本ストックを正しく使用している人は少ないようです。上手に使えば膝への負担をやわらげる効果も期待できるのですが、すでに膝等を痛め使用しなければならない人を除き、まず正しい歩行技術を学ぶべきで …

no image

山は登る力だけでなく総合的な力が必要となります

とにかく生還するために読んでもらいたい本があります。それは青梅警察署山岳救助隊の隊長の書かれた奥多摩登山考という本です。この本にはこれでもかというくらいに中高年の遭難の実例が出てきます。登山者数が多い …