雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

バックパッキングの入門から本格的な挑戦に乗り出した家族

投稿日:

ある家族の話。その年、ボブとエイドリアンは、似たような1泊行に8回出かけた。途中で夜型から朝型に変更、目覚ましを朝5時にセットする。少し本格的なバックパッキングに乗り出す。1泊2日で、1日6キロ。延々と続く稜線、人の気配がまったくない谷間。このとき初めて彼女は動揺した。トレイルの途中にある急斜面は、崩れかかった場所もあって、不安定そうに見える。エイドリアンはこわごわだった。

こんなに山奥に来ちゃって、もし私達に何かあったら誰が助けてくれるの?それでも、このタイプの山行を重ねるうちに、かえって今までにない充実感を感じるようになった。落ちるかもしれないという思い込みで、もう腰が引けていた。近くでキャンプしていた1人は、夜中の用足しで足を滑らせた。もう1人は凍った地面に足をとられて。ここで登山者が2人、転落死したのも知っている。その年のバックパッキングは7回。エイドリアンは恐怖心を克服し、トラバースに成功。森で見る月の明るさに驚き、ほかのキャンパーが奏でるギターの調べに聴き入った。

7歳の子どもにはかけがえのない体験

そして、シュラフにくるまって、キャンドルの光を頼りに、パパと交代でお気に入りの本を朗読する。子ども時代の、最高の経験ではないだろうか。7歳の子どもにはかけがえのない体験だ。初めて赤ちゃん連れでバックパッキングする前に、庭にテントを張って1泊してみよう。事前の練習で、赤ちゃんも心の準備ができるかもしれない。などと人には言っておきながら、実は我が家ではぶっつけ本番だった。

6日の旅程だったが、私も山に関しては自信満々、赤ちゃんがいても平気だと思った。娘が生後4カ月で、もうずいぶん長い間バックパッキングから離れていた私達は、そんなふうにのんびりやってる気分じゃなかったのだ。私達は条件をいろいろ協議した。登山口から遠くないところにキャンプするとして、クルマとの間を何往復かすれば、装備を全部持ち上げられるなど。赤ちゃんがいても、バックパッキングは可能なようだ。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

登山生活の技術を磨いている人は意外に多くない

泊りがけの登山をしますと、実は歩いている時間よりも食事を作ったり、食べたり、休憩したり、睡眠している時間の方が長い。いよいよ山の魅力に取り付かれた方は、どうしても次のステップを目指したくなると思います …

no image

アウトドアでのレインウェアはキッズ用も防水加工で

子どものレインウエアを購入するときは、自分ならこういうのが欲しいと思うものを探す。後に、上下セパレートになったレインウエアを発見。これは大人用のあらゆる機能を備えている。普通にアウトドアに出かけるだけ …

no image

子供が喜ぶキャンプという場所

数あるアウトドア・スポーツのなかで、子ども達が一番喜ぶのはやはりキャンプだ。日程を早めにきり上げて、キャンプサイトをたっぶり探検できるようにしよう。立つ鳥跡を濁さず普段の生活ではお目にかかれない、不思 …

no image

新聞を使ったご飯の炊き方

アウトドアでは、鍋や釜といった調理道具を使わなくたって、料理はつくれる。いや、アウトドアで、美味しい料理だってできる。串一本あれば、肉や魚を火にあぶって食べることができるし、アルミホイルで包んだり、あ …

no image

テンカラ釣りの仕掛けのポイントなどの入門-道具はシンプル

「この前、大イワナ釣ったんですって」と、質問が発せられるや、待ってました飛んで火に入る夏の虫。釣りのしかけはもちろんのこと、弁当のおかずにいたるまで怒溝のことくしゃべりまくる。 「釣り師と話をするとき …