雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

バイク

バイクの旋回のコツ

投稿日:

通常の操作方法としては、直進時と同じように両手でハンドルを押しながらハンドルを左に切り込めばよいが、ただハンドルを切るだけでは、バイクが起き、さらには遠心力の作用で、右側に転倒させてしまう危険性があるので要注意。

右回りと比較して左回りのほうは、ずっとタイトな旋回が可能だ。なぜなら、ライダーがバイクの左側に立つ関係で、左側にならバイクを大きく傾けても支えることができる。だからハンドルを切るだけとなる右旋回よりも、さらに旋回力を増すことができるのだ。

左に旋回する時は、ある程度スピードを出す。といっても歩くレべルの速さだが、遠心力の助けを借りて、バイクを支えてしまえばよい。これは実際に体験してみなければ、本当には理解できないと思うが、バイクを左に傾けると当然その重みをライダーが支える必要がでてくる。しかし左旋回で遠心力が強まり、その重みとバランスをとれば、ライダーが支えなくてバイクが左に傾いた状態が自然とらくに維持されてしまうというわけだ。

止める時には、前ブレーキをチョンと当ててやれば、慣性力の働きでバイクは小回りもきく。タイトターンを決めたい時は、腰の脇をシートに押し当て、ちょうどバイクとライダーの下半身とで逆Vの字をつくり、深く倒した状態で支える。そしてライダーの足がコンパスの軸のような感じで旋回させてしまうことも可能。

狭い場所での回転テクニック

狭い場所での回転テクニックがある。サイドスタンド1本にバイクの全重量を乗せ、それを軸にして回転させるため、路面をキズ付けてしまうから、やたらにはおすすめできないが、マスターしておいてソンはないだろう。

狭い場所でUターンするような時、軽量級バイクやスクーターなら、それこそ後輪だけを抱え上げながらグルリとその場で回してしまうことも可能だが、いくら怪力の持ち主だってビッグバイクとなるとそうもいかない。そんな時役に立つテクニックとして、サイドスタンドを使ってその場でクルリと向きを変えるテクニックがある。実践してみよう。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

Uターン禁止場所で平気でUターンするバイク

「押し歩きしているときは、エンジンに関係なくいつでも歩行者である」これが結論。この件に関しては法的な根拠はないし、裁判での判例もない。「自動二輪教本」に、「エンジンをかけているものや、他のクルマをけん …

no image

バイクを支えられない時はバランス感覚を極める

指1本で支えられる。バランス感覚をきわめれば本当にバイクを支えることができ、それがバイクを自由自在に扱える基本となる。これをマスターするには、実際のトレーニングを積み重ねることで、体の感覚に覚え込ませ …

no image

林道走行テクニック

林道走行で最も注意すべきことは、キープレフトと対向車への配慮、そしてマナーである。べテランでもビギナーでも、同じようにいえることだ。また、林道では林業関係車輌が優先であリ、一般車輌は通行止めの場合も多 …

no image

ラフロードをバイクで走る

ラフロード征服の第一条件は、直線をまっすぐに走れるかどうかだ。初心者は路面の状態ばかり気になって、なかなかスピードを上げられないものだ。それに「うまく走れるかな」という疑問も湧いてくる。そうなると、わ …

no image

バイクのコーナリング時の遠心力

2輪が転倒もせずにコーナリングしているということは、理論的にいえば、マシンにかかる遠心力と、それに対抗する力とが等しくなっている状態。結局、遠心力を増大させる重量と、対抗力を増大させてくれる重量とは、 …