雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

4WDでも雪道では滑る-FFのほうが経済的

投稿日:2014年10月29日 更新日:

4WDだからと安心するのは禁物。4WDはたしかに滑りにくぃけれど、いったん滑りだしてしまうと、どのタイヤも滑ってしまって、止まらなくなってしまうのである。4輪が駆動する4WDは、全部のタイヤ、すべに均等な力がかかるので、滑りにくい。でも、これには意外な落とし穴があるというわけだ。

年に一度雪道を走る程度なら、4WDを買ゎなくても、FF車にチェーンを巻くだけでじゅうぶん。FF車のほうが4WDより燃費がいいので、経済的である。たとえ4WDでも、チェーンなどの雪対策をしつかり行なって安全運転を心がけよう。そうすれば、4WDはその副蹄を存分に発揮してくれるはずである。

パートタイム型4WD車

一般的に4WDは小回りがきかず、日常的に使うことが多いとすれば迷うところ。アウトドアが大好きで、山や川、海などにもどんどん出かけて、雪道やオフロードを走るという人なら、車選びもそれなりの性能を持つ4WDにしなければならない。

そんな人は、必要に応じて四輪駆動にできるパートタイム型にしておけば心強い。クロスカントリー用なら、パートタイム4WDが数多く出回っている。

車の買取査定を上げる色々なポイント

WD車は車高のあるものを

4WDであることだけで安心してはダメ。アウトドアライフを趣味とする人たちのための特殊な車として登場した4WD車も、いまではごくふつうの街中でも見られるようになったが、ふつうの道にくらべてオフロードは凹凸が激しいので、ロードクリアランスの余裕がある車にしなければならないのだ。タイヤに何ひとつ問題がなくても、ちょっと凹凸があるたびに車の底をこすってしまうようでは、トラブル発生の原因になるのだ。

つまり、最低地上高が高い車を選ぶということ。また、マフラーやデファレンシャル、リア・サスペンションなどが路面と接触しやすいので、これらの箇所もきっちり確認しておこう。
カタログに最低地上高が記載されているので、購入前にかならずこれをチェックすること。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

イプサムの評価-2400ccにすることで走行性能を向上させたが

5ナンバーサイズのボディはワゴン風のデザインで、柔和な雰囲気を持つことから新しいタイプのファミリーカーとして高い人気を得た。イプサムの初代モデルは96年に登場。ところが2代目はボディを3ナンバーサイズ …

no image

海外の車か国産車ならどっちが速いの?

スーパーカーの血を引くイタリア車なら、きっと国産車なんかぶっちぎりに違いないと思って乗ってみると、アリャとずっこけるくらい遅い。多くの人に誤解されていることだが、速度無制限のアウトバーンで生まれたドイ …

no image

自動車のハンドル据え切りの問題

一九六五年ごろからサービス・フリーの考え方が急速に広まり、車体各部の回転・摺動部の材質と潤滑の見直し、防塵、防水等シールの改良が進み、そのおかげで今日では給油の必要はほとんどなくなり、またエンジン・オ …

no image

中古車購入の流れ-買うには実印がいるのを知ってる?

中古車は、本体価格の値引きは期待できないので、諸費用がどれくらいかかるかがポイントだ。お気に入りのクルマが見つかったら、まずは見積もり書をつくってもらう。販売店のペースに巻き込まれないように手続きの流 …

no image

視認性は運転においてかなり大事な要素

・運転時の視認性について 視認性では後方視界も肝心です。運転席に座り、ルームミラーから後方がどのくらい確認できるか、サイドミラーの見え方はどうかなど、しっかりとチェックしてください。 ポールを立てて走 …