雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

アウトドア用の傘はどんなものがいいのか?

投稿日:

チャイルドキャリアにはひさしがついているものもあり、雨や直射日光をさえぎってくれるが、それだけでは十分とはいえない。親の気づかぬうちに手足や頭を雨ざらしにしてしまう赤ちゃんもいる。そんなときは傘を試してほしい。いつでもどこでもさっと広げられる傘は、シェルターとしても心強い。おむつ交換や授乳など、雨の中でやりにくいことも、傘があればずいぶん違う。ゴルフ傘ならザックの背面に引っ掛ける。これだと両手を使うときにも便利だ。ザックにチェストストラップがついていれば、そこに傘の柄をはさむ。必要なら取っ手の部分を手で持って安定をはかる。

傘があれば、キャリアを背負う人もレインウェアのフードをかぶらなくてすみ、暑苦しくないのがいいし、寒い日には手袋をしても濡れなくてすむ。アウターナルフレームのザックにかけるレインカバーは、トップ部分が箱型で、裾もインターナルフレーム用のギャザーフィットとは異なり、使い勝手がいい。内部が暗くてお昼寝にもぴったりだ。子どもの視界をさえぎらないように気をつけて、安全ピンなどでザックにとめよう。雷に遭えば、先端が金属の傘は危険きわまりない。使用は絶対やめること。

風が強いときも傘は使いにくい

風が強いときも傘は使いにくい。風雨が強くて傘をさしていられなくなったら、キャリアをザック用レインカバーで覆って子どもを雨から守ろう。問題は、木がワサワサある森の中や茂みの多いトレイルで使えないこと。こんな環境では小型の折り畳み式のほうがよい。それでも枝に引っかからないよう、かなりの配慮が必要だ。

また、雨のアウトドアで重要なのは、一にレインギア、二にテント。なかなかやみそうにないときには設営して休憩する。ファミリーキャンプ用のテントには粗悪品が山と出回っているけれど、やはり信頼できるメーカーのものを信頼できる店から購入しよう。子どものウエアやおむつを濡らさず保管するには、カヌーで使うドライバッグが最適だ。たとえ雨が降っていても外に放置できるから、テント内が狭くてスペースがないときには頼もしい。ビニールまたはナイロン製で完全防水、袋の日は折り畳んでバックルで留める。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

峠歩きの醍醐味とは?

・峠歩きの醍醐味とは? そこへ到達すると、ふつうは一息入れることになる。峠はそれほどの標高はないが、視界は開けている。峠とは、坂道を上りつめたところ、登山道が上りから下りにかかる境をいう。だから峠とお …

no image

初めてのキャンプを家族で体験しよう

初めてのキャンプをまず体験しよう、目的はそれからでいい。出かける前に家族全員で充分に話し合おう。キャンプについて充分に話し合うと言っても、特別なものはいっさいなし。全員が「キャンプに行くんだ」という、 …

no image

ヨーロッパにまで自転車ツーリング行けない人、気を落とさないで

自転車トレーラーでの雨の中での旅。雨に濡れながら1日中走るわけで、テント設営だの食事の支度だの、そんな気力は残っていない。宿に泊まってその辺の負担を軽減するほうを選んだ、とある家族。アイルランドの人々 …

no image

長距離ハイキングで子供に与える食事は何がいい?

ある調査によると、車で長期旅行をするような状況で食べたいと切望するものは、体がそれを求めているからだという。文明社会から長期間離れていると、ちゃんとした食事が恋しくてたまらなくなる。新鮮で、本当におい …

no image

バックパック-子供が背負う荷物の重量

ある家族の話。エイドリアンには夢がある。夏休みの1カ月間を、アパラチアン・トレイルでハイキングすることだ。ボブとエイドリアン父娘はバックパッキング歴5年。彼女が8歳の年に最初の2泊3日行にトライ。ボブ …