雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

アウトドアスキーを行う際の注意点

投稿日:

子連れアウトドアのなかでも、クロスカントリー・スキーの危険度はトップクラス。そりであろうが、キャリアであろうが、その事実に変わりはない。雪のコンディションが安定していないとか、登りが多い、雪がしまっていない、そんなチャレンジがひとつでもあると、子連れの身には何倍もの苦痛に感じられる。安全のためばかりでなく、楽しむ余裕を持つためにも、日頃のコースレベルをうんと下げて計画する。

まず自分の力量をじっくり検討してみよう。計画段階から慎重な配慮が必要だ。技術に自信のない人ほど、平地にこだわってほしい。経験豊富といえない人は、スキーセンター周辺のトレイルから始めてみよう。木々の合間を縫って滑降するようなトレイルは、お薦めできない。なんとなく凍結具合に確信が持てない湖は、絶対渡らないこと。橋を渡るときは、スキー板を外して歩くようにしよう。とくに子どもを背負っていたり、そりで引いているときは確実に。場所を選んで刺したつもりのストックが、何かに挟まって抜けなくなり、手首を捻挫することだってある。

気温よりも風冷えの温度のほうが注意を要する

整備されて、しかも難易度のレベル分けもしてあるので選びやすい。気温よりも風冷えの温度のほうが注意を要する。陽射しが暖かくて風のない日が、子連れスキー日和。寒いところでの冷たい飲み物なんて、いまひとつ食指が動かない。キャリアやそりに揺られるだけで運動していない子ども達は、体も冷えているからなおさらだ。ミトンや帽子のスペアもほしい。あるとないでは大違いなのだ。脱水症状は、冬のスポーツの落とし穴。夏には発汗が注意信号の役割を果たして、あ、水分補給しなくちゃと誰しも気づく。だけど冬にはそれがないのだ。

休憩時に楽しみながら水分補給できるよう、ポットにココアをつめていこう。ボトルの水が凍結しないし、お湯を入れておけばしばらくは温かいままだ。ウォーターボトルは断熱素材のケースに入れて身につけておく。このケース、市販のものでもいいし、ネオプレーン素材の生地で手作りしてもいい。行動食もたっぶり携行する。チーズやカロリー補助食品など、脂質の高いものは凍りにくいし、体に必要なエネルギーがすぐ摂取できるものがいい。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

雷の危険性と安全対策

雷の危険性と安全対策。 雷は、一般に雲と地表との最短距離を走る。雨宿りと称して木陰にいるのも危ない。というのは、木の表面を伝って落ちてきた雷から「側撃」という放電を受けることがあるからだ。壁のない木造 …

no image

車椅子でハイキングするある家族の話

ある家族の話。オコナー家のメーロン君は、先天性の脳性麻痺で下半身不随、車椅子生活だ。けれど、自然をこよなく愛する両親ケイトとパトリックは、そんなことでくじけない。メーロンにもその素晴しさを体験させてあ …

no image

子供にアウトドア体験をさせるには?

子どもがアウトドアを愛し、健康でいるためには、日ごろからウォーキングを習慣づける。駐車場から店までの距離しか歩かないような生活をしていると(しかも往々にして店の入口に一番近い所に駐車スペースを選びがち …

no image

山岳地形と読図に習熟する

・地図は見るのではなく読むべし 地図はいろいろな約束事の上に作成されています。2万5000分の1の地形図で、説明しましょう。約束事を手掛かりにして、収められている情報を暗号を解くように読み取って行きま …

no image

ヨーロッパにまで自転車ツーリング行けない人、気を落とさないで

自転車トレーラーでの雨の中での旅。雨に濡れながら1日中走るわけで、テント設営だの食事の支度だの、そんな気力は残っていない。宿に泊まってその辺の負担を軽減するほうを選んだ、とある家族。アイルランドの人々 …