雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

アウトドアでのレインウェアはキッズ用も防水加工で

投稿日:

子どものレインウエアを購入するときは、自分ならこういうのが欲しいと思うものを探す。後に、上下セパレートになったレインウエアを発見。これは大人用のあらゆる機能を備えている。普通にアウトドアに出かけるだけで疑問続出、重大な決断を迫られることも多いというのに、そのうえ雨とくれば。家の近所をちょっと歩くだけならそれでもよい土砂降りのバックカントリーでこれは通用しない。

きちんとした雨具を用意しなかったために、自分の娘がびしよ濡れになて体調を崩すなんて、考えただけでゾッとする。旅程が長いと、それだけ雨に降られる確率が増える。いかに対処するか、どれくらいガマンできるか。たしかに不安ではある。降水確率100%を覚悟してしまえば気分は多少落ち着くが、その前に必要なのは、雨対策の知識とレインウエアだろう。ビニールのゴミ袋に頭の穴を開ければ、子ども用雨具になると誤解している親もいるようだ。あるいは、茂みを通りかかっただけですぐ裂けてしまうような、使い捨てビニールのレインコートとか。

防水加工の完全なレインウエア

これまで何でも手作りしてきたので、雨具も縫ってみようと思い立ったけれど、いざ始めてみるとほとんど正気を失う体験となった。どんなに高額でも払う価値のあるものはある。ウインドブレーカーは、防風効果は高くても雨対策には向かない。防水加工の完全なレインウエアだけが信用に足るのだ。とは言っても、ちびっ子用の本格的なレインギアはなかなか見つからない。

また、装備は専門店に足を運んで、使用感などをテストする。子ども服は一つ大きめのサイズを買う。袖はまくって着ればいいし、中に重ね着しても窮屈な思いをしなくてすむ。だいいち、長く着られるのがよい。ポリプロ地など新素材を重ねるのが、保温性を高めるコツ。帽子は重要な保温アイテム。必ず一つは持参する。バラクラバが最も効果的。カンカンに暑いとき以外、木綿のウエアは避けたい。たとえ猛暑でも、高所では木綿はタブー。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

MTBやクロスバイクは街乗りと違い普通は24段変速

MTBやクロスバイクは普通24段変速。そんなにいらないんじゃないの、と思う人もいるだろう。しかし、トレーラーに子どもやキャンプ道具を積んで引っばる機会があれば、初めてそのありがたみがわかるのだ。変速つ …

no image

山にいるさまざまな毒虫、有毒植物への対策

山にいるさまざまな毒虫、有毒植物への対策。山登り中に出会う虫には、体の熱で刺したり、毒液を出したり、刺したり噛んだりするものがある。彼らは自分の体を守るために、必死に防衛策を講じているのだ。だから、人 …

no image

川辺などの危険が伴う場所でのキャンプの注意

ビューポイントや川辺など危険を伴う場所では、到着前後に子どもと話し合って、どこまで行っていいか、何をしていいかを決める。小さな子達は常に大人と手をつないで行動すること。もっとも、危険かもしれないからと …

no image

山での遭難にはGPSが役に立つ

地図といえば、かつては国土地理院発行の五万分の一の地形図が一般的であった。だが、最近はもっぱらその倍の縮尺の一万五〇〇〇分の一の地形図がふつうとなった。そして、この地形図は三色のカラーで印刷されている …

no image

梅雨明け十日の意味-夏山合宿で初めての剣岳

梅雨明け一〇日の山登り(剣岳、穂高岳)梅雨の末期には、集中豪雨もありますが、梅雨が明けた後、好天が長く続くことがあります。この時期は、雪渓もそんなに汚れておらず、尾根の緑も美しく、何より高山植物が満開 …