雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

アウトドアでのレインウェアはキッズ用も防水加工で

投稿日:

子どものレインウエアを購入するときは、自分ならこういうのが欲しいと思うものを探す。後に、上下セパレートになったレインウエアを発見。これは大人用のあらゆる機能を備えている。普通にアウトドアに出かけるだけで疑問続出、重大な決断を迫られることも多いというのに、そのうえ雨とくれば。家の近所をちょっと歩くだけならそれでもよい土砂降りのバックカントリーでこれは通用しない。

きちんとした雨具を用意しなかったために、自分の娘がびしよ濡れになて体調を崩すなんて、考えただけでゾッとする。旅程が長いと、それだけ雨に降られる確率が増える。いかに対処するか、どれくらいガマンできるか。たしかに不安ではある。降水確率100%を覚悟してしまえば気分は多少落ち着くが、その前に必要なのは、雨対策の知識とレインウエアだろう。ビニールのゴミ袋に頭の穴を開ければ、子ども用雨具になると誤解している親もいるようだ。あるいは、茂みを通りかかっただけですぐ裂けてしまうような、使い捨てビニールのレインコートとか。

防水加工の完全なレインウエア

これまで何でも手作りしてきたので、雨具も縫ってみようと思い立ったけれど、いざ始めてみるとほとんど正気を失う体験となった。どんなに高額でも払う価値のあるものはある。ウインドブレーカーは、防風効果は高くても雨対策には向かない。防水加工の完全なレインウエアだけが信用に足るのだ。とは言っても、ちびっ子用の本格的なレインギアはなかなか見つからない。

また、装備は専門店に足を運んで、使用感などをテストする。子ども服は一つ大きめのサイズを買う。袖はまくって着ればいいし、中に重ね着しても窮屈な思いをしなくてすむ。だいいち、長く着られるのがよい。ポリプロ地など新素材を重ねるのが、保温性を高めるコツ。帽子は重要な保温アイテム。必ず一つは持参する。バラクラバが最も効果的。カンカンに暑いとき以外、木綿のウエアは避けたい。たとえ猛暑でも、高所では木綿はタブー。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

登山中に遭遇するダニの予防

登山中に遭遇するダニの予防。 山では、背の高い草や厚い低木の茂みを播き分けて進むことがある。そんな場合も、いろいろな危険が伴う。袖の長いシャツやスラックスを身につけ、首の周りにはスカーフやバンダナ、そ …

no image

フリース素材のバラクラバなどで子供の防寒対策

ハイキングに行く際、子供にどんな服を着せたらいいでしょうか?寒い時期には、子供が風邪をひかないように、防寒対策はバッチリしておきたい。フリース素材など、選択肢は少なくない。冬期には一つで間に合わないこ …

no image

アルピニズムとは登山という意味です

・危機管理は自分の頭で考えるべし 昭和30年代、登山に夢中になっていた日本の若者たちの憧れは、リオネル・テレイ、イ・ラシュナル、ワルテル・ボナッティ、ガストン・レビュファといったヨーロッのアルピニスト …

no image

ハナミズキはタマネギ形のつぼみを形成する

ブナのつぼみは、小さな槍に見える。ハナミズキは、タマネギ形のつぼみを形成する。こんなときはルーペが役に立つ。小枝を丹念に調べることができるからである。葉の落ちた跡を薬瓶というが、これがさまざまな顔や生 …

no image

バックカントリースキーを子供と行く場合の注意

山スキーで子供とバックカントリーに足を伸ばすときは、エリアガイドなどで雪崩の危険度をチェックしてから出かけよう。天候陽射しには十分気をつけて。高所への順応も、子どもの体にとっては大仕事。だから標高の高 …