雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

アウトドアに持っていくもの

投稿日:

アウトドアでは、木登りが好きな子はとげだらけになってしまう。針ととげ抜きが必要だ。子ども向きリップクリームも、すぐ取り出せるところに常備しておこう。5日以上の長期旅行には、鉄分の入った複合ビタミン剤を子ども用に持っていく。バランスのよい食事なんてアウトドアでは望めないが、子どもは成長に必要な栄養素を欠かすわけにはいかないのだ。

ビタミンAとD入りのクリーム(おむつかぶれによく使われる)も忘れずに。小さな女の子だと、外でおしっこしてもちゃんとふけていなかったり、完全にすまさないままパンツをあげたりして炎症を起こすことがある。それも一夜にしてこのクリームで解決できる。新しい技術は、親子双方の納得がいくまで一緒に練習する。ホイッスルを身につけ、低体温症、熱射病についしっかりしたファーストエイドキットを持ち歩き、応急処置の基本を身につけておく。子どもの命には責任を持って。子どもの能力を越える仕事をさせない。

子どもを追い込まないよう気をつける

体力、精神力の限界にまで、子どもを追い込まないよう気をつける。同時に、子どもを新しいアドベンチャーに連れていくことに、難色を示す人が周りにいても耳を貸さない。スポーツの知識、経験、規律を身につけてから、子どもをアウトドアへ連れていくこと。親にとっては、時間・体力・精神力大放出の仕事である。でもこれをうまくこなせば、良い遊びの時間が約束されるのだ。

キャンプに行くと追いかけっこゃとっ組み合いをしたり、手をつないで歩きながら何かおもしろそうなものを一緒に探している。子ども達にとって、娯楽のトップはなんといってもキョウダイ。年が近いのも幸いしている。屋外という特別な環境で刺激を受け、どんどん膨らんでゆく。子どもの想像力・創造性を発達させ、思春期のころまでそれを保てれば、その子は成人後も、精神的に豊かな人生を送れるはずだ。想像力はとても大切なもの。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

山のゴミ問題-持ち帰りは今や常識です

・ゴミは持ち帰るべし 現在では、ゴミの持ち帰りは常識になっています。山に限らず、きれいな方が気持ちはいいに決まっているから、登山者も学習してきたということでしようか。昔々、日本の山はゴミだらけでしたが …

no image

子供に片付けを小さい頃から教えよう

キャンプでは彼女の天下だった、とある家族。娘って要求がこんなに多いのに、私達やっていけるかしら。そうは思っても、やらなきゃ小さな娘の健康と安全は保てない。夜通し起こされてもうろうとしていた私達は、朝を …

no image

キャンプで風呂には入れない場合-自作で工夫して体を洗おう

山の中では、お風呂はとうてい望めない。お風呂付のクルマでもあれば別だが、普通そんなクルマを持っている人は少ない。子供を洗う場合、代わりにスポンジ・バス(スポンジにお湯を含ませて体を拭く)か部分洗いに挑 …

no image

着火剤を使ってバーベキュー・グリルに簡単に炭火を起こす

モンゴルのタ焼けラムの肉と、新潟特産の香辛料「かんずり」を手に入れる。ラムの塊肉全体にナイフで浅いスジ目を、できるだけたくさん入れる。軽く塩、コショウをし、「かんずり」を、そのスジ目にもみこむようにた …

no image

食べ物当てゲームなどで子供たちと車の中で盛り上がろう

車で子供と長時間ドライブとなったら、子達が夢中になるのは、道路沿いをハイク中に私達を追い越していくクルマの色を当てるゲーム。ほかの色を薦めると、これまたロッキーの山道を走る4駆にはありそうもないきいろ …