雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

アウトドアの危険な経験

投稿日:

ナイフェッジを渡りかけていた少年達を、見知らぬカップルが強引に止めさせ、引き返すよう説得しているところだった。トレイルの途中には分岐があり、一本はナイフェッジにつながっている。これは間違った方向だ。両親が洞窟に着いてみると、息子達の姿がない。父親は大急ぎで分岐点まで戻り、もう一本のトレイルを急いだ。子どもの生命に対し、親はもっと真剣であるべきだ。

ちゃんと聞いているようでも、子どもの方向感覚はあてにならない。子どもには、していいこと、悪いことをしっかり把握させる。人里離れた場所や高山、アクセスの限られたところ、天候不順な場所ではとくに子どもと離れないようにする。長いアウトドア経験で、不審な人と遭ったことが一度だけあった。サイクリング中に休憩していたときのことだ。さっきすれ違ったばかりの男が引き返してきて、こちらの様子をうかがっている。恐くなった。自然の中では、子どもの能力を高く見積りすぎないこと。

どんなに危険なことになるかもきちんと説明する

それが守られない場合、どんなに危険なことになるかもきちんと説明する。直感を信じよう。何か気になることがあれば、たとえテントの設営がすんでいても、さっさと荷物をまとめて移動しょう。不審な人物に出会ったときはどう振る舞うべきか、子どもが取り乱して事態を悪化させないように、ふだんから親子で確認しておきたい。いやな予感がした。男は鞭のようなものを抱きかかえ、その上から上着をかぶせている。

私達を監視するほか何もせず、ひたすらじっとそこにいる。気味が悪いから、私達は先を急ぐことに決めた。そして、その男の近くをこわごわ通りすぎた途端に男は立ち上がり、トレイルもない雑木林の中に姿を消したのだ。滅多にないことだし、不必要に不安がらせては元も子もないから、適当なときを見計らってさりげなく話そう年ごろの子ども達は大人抜きで行きたがるが、バックカントリーを安全に旅行するためのルールは心得ておくべきだ、とあるアウトドアの専門家は語った。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

登山の行動食で栄養を摂取する

・行動中の食事、水分補給 日の出前から起きて遠出する時、山小屋に泊りながら三〇〇〇メートル付近の山を歩く時などは天候急変の恐れもあったり予想外の出来事が発生したりして、まとまった時間が取れないケースを …

no image

乱層雲などの雲の特徴

低気圧が接近している印で、巻雲は時間が経つにつれて「高積雲」や「高層雲」、そしていわゆるあま雲である「乱層雲」に変化していく。「曲がり」が多いものは「晴天巻雲」とも呼ばれ、この雲が出ると数日、好天に恵 …

no image

テンカラ釣りの仕掛けのポイントなどの入門-道具はシンプル

「この前、大イワナ釣ったんですって」と、質問が発せられるや、待ってました飛んで火に入る夏の虫。釣りのしかけはもちろんのこと、弁当のおかずにいたるまで怒溝のことくしゃべりまくる。 「釣り師と話をするとき …

no image

山での食事のエネルギーについて

・山での食事の意味を知るべし 街中なら動けなくなったらタクシーに乗れるし、いざとなったら救急車も来てくれます。しかし、山の中ではそうはいきません。人にとって食べ物はガソリンと同じ。ガス欠っていうじゃな …

no image

春の天気は変わりやすいので登山初心者には難しい

初心者はいきなり雪の残っている山には行かないようにしましょう。雪のない時期の山をいくつか登り、なおかつ最初は経験者と行くようにしましよう。初心者には、雪の残っている春の山は危険なことが多いのです。春に …