雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

アウトドアグループインプレッシブ-毎日日記をつけるよう薦めよう

投稿日:

アウトドア慣れしていないグループには、山行期間中毎日、日記をつけるよう薦めよう。旅の終わりに体験や感想を分かちあうとき、役に立つ。子ども達の引率者の1人、べン・デイ君はバックパッキングで自分の人生が変わったという。私はよく、キャンプファイヤーのまわりでかくし芸大会をやる、というある家族。そうすると子ども達もうちとけて、いろんなことを話し始める。ほかの人にも同じようなすばらしい体験をしてほしいと、引率のボランティアを始めた。

ボーイスカウトと、娘ネバダ山脈でバックパッキングするようになってから、もう5年になる。今こうして子ども達に慣れておけば、いつか自分が父親になったとき、役に立ちそうだ。楽な仕事ではないが、どんなに疲れても、情熱は衰えない。たどり着くのも大変だし、誰か1人が羅病したり事故に遭えば、全員撤退を余儀なくされる。べンやほかのスカウトリーダー達が選ぶコースは、トレイルで簡単にアクセスできる場所ではない。

ほかには誰もいないような山奥だと

ほかには誰もいないような山奥だと、子どもが人災に巻き込まれる可能性は少ないが、ファーストエイドキットは完備のうえ、子ども達の健康管理にも、ことのほか気を使う。最初は旅程や装備、食料についての話し合い。2度目は実際のパッキングだ。2度目のこのとき、子ども達のザックを点検し、食料の準備も一緒にやる。準備段階で、べンとスカウトマスターは2度ミーティングを召集する。食料をパッキングし終わると、ザックの総重量を計って記録しておく。

食料は1食ごとにビニール袋に分けられ、印をつける。たとえば、B-2だと朝食(Breakfast)2日目。Lー3は昼食(Lunch)3日目。Dー4はタ食(Dnner)4日目、というふうに。ハイク中はべンかスカウトマスターが最後尾を歩き、遅れ気味の子をサポートする。それにこうすると、一番うしろの子が気分的に楽になれるし、目的地入りしたときもビリだといううしろめたさを感じずにすむ。もちろん、もう1人の大人は先頭にいて、グループのペースを作るのだ。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

野うさぎは直径五mくらいの円を描いて走る

猟犬にビーグルという品種がある。この犬種はウサギ狩り用である。比較的小形で走るのが遅い。そして「ワンワン」と映えながらウサギを追うという習性を持っている。ビーグルを放すと、嗅覚を使ってたちまちウサギを …

no image

山歩きでなによりも優先すべきこと

何よりも優先すべきことがあります。それは安全な所で休むということです。この原則を守っていないパーティーが意外に多いのです。コースをよく知っている人がいれば休憩によいポイントにあわせ、数分程度ずらすのは …

no image

子供が可愛いのに-アウトドアに連れ出したらイライラしない

アウトドアに子どもを連れ出したら、イライラしてはいけない。規則正しく平和な場所からこんな異郷へ子どもを連れ出し、調子を狂わせたのは親であるアナタなのだし、子どもは心のよりどころを求めているだけ。適応で …

no image

登山の記録係はリーダーだけがつけるのではなく一人一人がつける

記録は記録係やリーダーだけがつけるのではなく、一人一人がつけたいものです。登山記録のものさし休憩の時にきちんと記録をとる人を見かけます。とてもよい習慣だと思います。時間だけではありません。雷鳥がいた。 …

no image

アンドロメダ座の見つけ方- 秋の大四辺形、大星雲、流星群など

あなたが生涯、目にするものの中で、もっとも遠い光、そしてもっと特恒大な構造物。ここで双眼鏡の出番がやってくる。のぞいてごらん。視界いっぱいに広がる楕円型の大星雲の姿をとらえることができるはずだ(双眼鏡 …