雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

アウトドアを大好きになることが長続きする秘訣

投稿日:

アウトドアを長続きさせるには、あなた自身がアウトドアを大好きになることです。これは、非常に大事なことです。そして、気ばらず、気楽に、本当に楽に、あなた流にやればいい。ディスカウントストアでテントとツーバーナーを買いこみ、いきなりキャンプというのも、一回行ったきりで、たいていテントとツーバーナーはホコリをかぶることになってしまいがち。そこで、まずは身近な「野遊び」から始めてみることをおすすめします。

テーマパークに行くとか、夏休みの家族旅行に行くといった、一年に一度の「家族サービス気分」でやってはいけません。絶対に長続きはしません。散歩気分で、ときにはペンションに泊まりがけなんてのもい心気に入ったキャンプ場も、野遊びで見つかるものです。

野遊びの手始めは、ファミリ引レストランに行く気分でフラリとご近所ピクニック通勤途中、なにげなく見ていた雑木林や、町の広報紙に載っていた原っばのある公園。こくごく近くのそんな場所に、トートバッグやピクニック・バスケットに(なければスーパーの紙袋に)フランスパンとチーズ、自家製パテやコンビーフ、そしてワインを詰めて青空ランチを食べに行こう。

毎日の生活それ自体をアウトドア的にしてしまえば

本当に気楽に、毎日の生活それ自体をアウトドア的にしてしまえば、無理なくアウトドアを満喫できるのです。でも、いくら気楽にと言っても、自然の中に踏みこむのだから「使用したアウトドア・フィールドやキャンプサイトは来たときよりも美しくする」とか、「ゴミは必ず持ち帰る」といった、最低限のマナーは守ってほしい。あくまで長く、「品」のいいアウトドア・ライフをめざすのですから。

ピクニックの楽しみは、自然の中でのんびりゆったりしながら、パンやチーズを切り、手づくりのパテなどを自慢しつつワインを飲み、ワイワイ食べることにある。時間を気にしたり、スケジュールに追われたりとはいっさい無関係。ここが、食事時間を切りつめる目的の弁当とは、大きく異なるところなのです。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

子供とのハイキングは彼らにとって大事な経験

ある主婦の話。クリスが3歳のとき、ロブは初めて彼を一泊のキャンプに連れていった。体にザックが合っていないと息子は不満を訴えたが、ロブはくじけなかった。この山行は2人にとってよいことだと信じていた。今で …

no image

巻雲などの雲のいろいろ

気象観測では、雲をその形によって一〇の「類」に区分している。学名は層雲、高積雲、高層雲、乱層雲、層積雲、層雲、積雲、積乱雲である。この一〇種類は高さによって三つに大別される。日帰りに限らず登山において …

no image

熊に遭遇したら後ずさりしてこちらがゆっくり下がりましょう

長年山登りをしているとクマとの出会いもあります、とある登山家。一番よいのは鈴などをつけ出会う前に退散してもらうことです。クマに動く気配がなければ後ずさりしてこちらがゆっくり下がります。面と向かいあって …

no image

アパラチアントレイル・カンファレンスの安全ガイドライン

服装について。以前、10代の少女ばかりのグループに山で出くわしたときは驚いた。袖を切り取って脇が丸見えのTシャツを、ブラなしで着ているのだ。見るつもりはなくても、裸の胸は見えてしまう。本人達が気づいて …

no image

ハタネズミなどの平地の河原や畑の周辺にかけて棲息する生き物

亜高山帯以上ならニイガタヤチネズミが挙げられる。食虫類では平地から低山にかけて多いのが、ヒミズ(モグラの一種。日本特産)とアズマモグラ、コウべモグラなどである。これらは低山の動物といってよいであろう。 …