雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

アウトドアでの子どもの病気は親にとって心配のタネ

投稿日:

アウトドアでの子どもの病気は、親にとって心配のタネ。新鮮な空気の中で元気に跳ね回り、十分な睡眠をとっていれば、そうそう体を壊すこともないが、発熱したり、風邪をこじらせて、それでものんびり構えていられる場所ではない。ダメなら、さっさと山を下りて文明の力を借りよう。もしもが病気になったときは、安静にしておけば、たいてい一日でケロッと直ってしまう(必要に応じて薬を服用する)。

その後は皆元気に旅行を続けることができるはずだ。我が家の子どもに関しては、5日間のドライブ中に一度あったきりだ。睡眠不足で疲労がたまり、ある夜発熱トッドがあわてて薬局に走り、ドロップ錠を求めてなんとかなった、とある家族。状況に合わせて薬のタイプはいろいろあったほうがよい。万一に備え、抗生物質も処方してもらい、持参する。病気ではないが、歯が生え始めたときは問題だ。機嫌は悪かったけれど、家でこの症状が出るときほどはひどくない。

自然の中では

バックパッキング中のことで、チャイルドキャリアのてっぺん部分をガジガジかんで、うさ晴らしをする。高さもちょうどよく、パッドが入っているわりにほどよく固かったりするので、お手ごろだった。いわゆる痛み止めと相性が悪い。効くどころか怒りっばくなって逆効果。自然の中では、見回せばおもしろそうなものが一杯あるから、それで少しは紛れるだろう。この薬が使える子どもならぜひ持っていくとよい。

水は常に、必要と思われる量以上を持っていこう。家族全員の水を浄水器で作るのは骨の折れる仕事だが、いやだとも言ってられない。残量が少なくなったら子ども優先だ。街の水道水、キャンプグラウンド等アウトドア施設の水、そして自分で浄化した水と、手元に何種類もあるなら、子どもにはすべてのタイプを与える。イオダイン錠剤のような別の手段も備えておけば、万が一浄水ポンプが壊れても心配なし。赤病やランブル鞭毛症はなんとしても避けたい。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

レインギアやザックカバーなど

うちでは、キャンプではレインギアやザックカバーなどを、シートのところに移すようにしている、とある家族。子どもが歩けるほど大きいなら、スタッフバッグに荷物をまとめて、パートナーのザックに入れておく。キャ …

no image

登山の遭難とは文字どおり難儀に遭うこと、災難に出会うこと

人間はふつう利き足の歩幅を他方より大きく取りがちなので、まっすぐに歩いているつもりでもコースが曲がりやすい。これを避けるために、必ず目印を定めながら進む。つまり、目標に向かって直線状に三つ以上、目立つ …

no image

赤ちゃんのアウトドアでの防寒対策

アウトドアでは、赤ちゃんの防寒には、しっかりと注意を払いたい。赤ちゃんは髪の量が少ないので、頭部の保温は帽子で決まる。睡眠中、首まわりから逃げる体温は、タートルネックで防止しよう。綿もいいが、ポリプロ …

no image

登山生活の技術を磨いている人は意外に多くない

泊りがけの登山をしますと、実は歩いている時間よりも食事を作ったり、食べたり、休憩したり、睡眠している時間の方が長い。いよいよ山の魅力に取り付かれた方は、どうしても次のステップを目指したくなると思います …

no image

交通ルールの基本を家族全員でおさらいして練習もしておこう

自転車ツーリングでは、交通ルールの基本を家族全員でおさらいして、練習もしておこう。交通量のある舗装路では、大人2人でリードと最後尾を担当する。よく目について、クルマのほうも気をつけてくれるからだ。泊り …