雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

アウディの中古車でそこそこの価格で狙うならどれか?

投稿日:2014年11月6日 更新日:

アウディは、タテ置きエンジンのFFというレイアウトをはじめ、技術的にも独自のこだわりを持ち、かつては世界選手権ラリーにフルタイム4WD方式をいち早く持ち込むなど、その内容は高度だ。丸みを帯びた優美なデザインで、女性からも人気のアウディだが、乗ってみるとまぎれもなくドイツ車という硬質感を感じる。ボディはしっかりと、頑丈に作られ、高速道路などを走ると、ビシッとしたステアリングの手応えにビツクリするほどだ。

一般のユーザーが普通に使うなら、2リッターまたは2.3リッターエンジンを搭載する、ごくオーソドックスな中型セダンがいい。トランクも広く、使い勝手もいいアバントと呼ばれるワゴンは高人気のため150万円ではちょっと苦しい。

4WDのクアトロや、先進技術を満載した先代の100シリーズなどは、ハズレの中古車を購入すると手間がかかって大変というのがプロの声だ。高度なメカニズムは往々にして気むずかしく、メンテナンスにも手間がかかることから、結果として信頼性に欠ける、という評価を受ける場合もある。

車の買取査定を上げる色々なポイント

アメリカ的な実用品イメージの強いクルマ

オペルは、ドイツ人が作り、アウトバーンを走ってきただけに、基本性能はキチンとしている。
内外のイメージは国産車に近く、特別高級ではないがソツのないまとめで、日本人にも違和感は少ない。アメリカナイズされたドイツ車戦前からGMの欧州拠点として発達した経緯からか、ドイツ車としてはアメリカ的な実用品イメージの強いクルマを作ってきたのがオペル。

違和感のなさゆえに、わざわざ選ぶ理由を見つけにくいという、マーケティング上の弱点はあるかもしれない。数が少ないだけに、トラブル情報なども少ないのだ。メカニズム的にはオーソドックスだし、信頼性も高いはずだから、ヤナセが近くにあるなら、という条件になってしまうかもしれない。

中古車としては実に手頃で、ヤナセが販売を担当しているため、サービス面でも不安はなく、一度、輸入車を試してみようか、という人には、うってつけの選択だろう。ドイツ車らしいしつかりした走りの手応えや安全装備などは、国産同クラス車とは明確に違うもの。免許取り立ての女性にでも安心して勧められるだろう。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

ブルーモーションテクノロジーが適用されたトゥアレグV6

フォルクスワーゲンコリア(社長パク·ドンフン)は、性能とスタイルを一層アップグレードさせた新型トゥアレグを国内に発売した。今回発売された新型トゥアレグは、ブルーモーションテクノロジー(BlueMoti …

no image

カーナビはインターネット対応がかなり便利でおすすめ

これからカーナビを購入しょうと思っているなら、インターネット対応の機種がおすすめ。カーナビが登場して以来、はじめての場所でもスイスイいけるのでドライプが楽しくなった、という人が多い。たとえば、ドライブ …

no image

自動車の維持費は年間でどのくらいかけていますか?

とりあえず走れているクルマである限り、まったく手をつけずに車検場に持っていったとしても、書類が揃っていて、ライト類がキチンとつき、タイヤに山があってブレーキがちゃんと効き、排ガス濃度が基準値以下である …

no image

車のCPを上げるには

車をキビキビと走らせたいときは前輪のCPを上げ、安定性を増したいときには後輪のCPを上げることになりますが、それを確実に行うには前後輪で違ったサイズのタイヤを装着することです。これはスポーツ・カーやト …

no image

シボレーブランド導入後の実績27%増加、マリブ世界初の国内発売

・シボレー導入後の実績27%増加「マリブ」世界初の国内発売 韓国GM(社長マイク赤門)がシボレーブランドの韓国市場導入以来、肯定的な評価を受けていることが分かった。韓国GMは、仁川富平工場での記者懇談 …