雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

アウディの中古車でそこそこの価格で狙うならどれか?

投稿日:2014年11月6日 更新日:

アウディは、タテ置きエンジンのFFというレイアウトをはじめ、技術的にも独自のこだわりを持ち、かつては世界選手権ラリーにフルタイム4WD方式をいち早く持ち込むなど、その内容は高度だ。丸みを帯びた優美なデザインで、女性からも人気のアウディだが、乗ってみるとまぎれもなくドイツ車という硬質感を感じる。ボディはしっかりと、頑丈に作られ、高速道路などを走ると、ビシッとしたステアリングの手応えにビツクリするほどだ。

一般のユーザーが普通に使うなら、2リッターまたは2.3リッターエンジンを搭載する、ごくオーソドックスな中型セダンがいい。トランクも広く、使い勝手もいいアバントと呼ばれるワゴンは高人気のため150万円ではちょっと苦しい。

4WDのクアトロや、先進技術を満載した先代の100シリーズなどは、ハズレの中古車を購入すると手間がかかって大変というのがプロの声だ。高度なメカニズムは往々にして気むずかしく、メンテナンスにも手間がかかることから、結果として信頼性に欠ける、という評価を受ける場合もある。

車の買取査定を上げる色々なポイント

アメリカ的な実用品イメージの強いクルマ

オペルは、ドイツ人が作り、アウトバーンを走ってきただけに、基本性能はキチンとしている。
内外のイメージは国産車に近く、特別高級ではないがソツのないまとめで、日本人にも違和感は少ない。アメリカナイズされたドイツ車戦前からGMの欧州拠点として発達した経緯からか、ドイツ車としてはアメリカ的な実用品イメージの強いクルマを作ってきたのがオペル。

違和感のなさゆえに、わざわざ選ぶ理由を見つけにくいという、マーケティング上の弱点はあるかもしれない。数が少ないだけに、トラブル情報なども少ないのだ。メカニズム的にはオーソドックスだし、信頼性も高いはずだから、ヤナセが近くにあるなら、という条件になってしまうかもしれない。

中古車としては実に手頃で、ヤナセが販売を担当しているため、サービス面でも不安はなく、一度、輸入車を試してみようか、という人には、うってつけの選択だろう。ドイツ車らしいしつかりした走りの手応えや安全装備などは、国産同クラス車とは明確に違うもの。免許取り立ての女性にでも安心して勧められるだろう。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

車の豪華な装備はアピールした方か断然おトク

アルミホイールやエアロバーツなどを装備の車を高く査定してもらうためには、基本的にそうしたパーツを装備した車を、売り物として多く並べている店を選ぶといい。アルミホイールやエアロバーツなどの人気オプション …

no image

洗車方法の基本は汚れたら早めにするである

洗車の基本は、汚れたら早めにするである。たとえば雨の日なんか、ついたドロは駐車場でさっとふいとくだけで、あとがずいぶんラクだ。時間をかけて洗車したのに、なかなかきれいにならない。お隣のクルマはいつもピ …

no image

点検整備記録簿はただ付いていればいいわけではない

6ヵ月ごとにキチンと点検したことが記された記録簿は、前のオーナーがそのクルマにいかに愛情を注いだか、の証明であり、愛されたクルマは程度がいい、というごく簡単な理屈が成り立つ。車検の時には、直前記入した …

no image

エンジンオイル漏れなどのトラブルの対処法

忙しい現代では、クルマの発信する色々なメッセージに注意を払うのはなかなか大変だが、せっかく輸入車に乗り、楽しみたいと思うなら、キチンとクルマのメッセージを五感で読み取り、早めに対処するべきだ。そうすれ …

no image

日産キューブのデザイナー-マグカップのような自動車

「渡されない場合は、会社を辞める覚悟で非対称デザインにこだわりました。」日産キューブのデザイナー、ヒロタダ桑原氏が言った。今回の第3世代キューブはもちろん、今の人気と評判があるようにした第2世代のキュ …