雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

新しいアリストの魅力

投稿日:2015年10月5日 更新日:

北海道にあるトヨタのテストコースで、新しいアリストを試乗したが、新アリストは、ここ数年間で乗ったクルマのうちで最もいいクルマの1台であった。メルセデスのS、E、あるいはジャガー、BMWの7などと比べてなんら遜色ないクルマである、と語るある専門家。

旧アリストは旧クラウンをベースにターボ、エンジンV8を載せた高速サルーンで、クラウンとはまったくキャラクターの異なるクルマであった。フルモデルチェンジされて、ボディを一新して登場した。

新しいアリストに乗って当時のメルセデスのSクラスやEクラスに乗ったときと同じような感動を覚えた。そのくらい、いいクルマであった。アリストのディメンションは、全長4805mm、全幅1800、全高1435、ホイールベース2800。先代同様、なかなかスタイリッシュな4ドアセダンである。

アリストとクラウンの最大の差は、趣味のよさであろう。エンジンはすべて6気筒。V8はアメリカ向け仕様にだけ載せられている。新しいアリストはポルシェ級の動力性能を持っている。ターボのほうは、ほとんどスープラに匹敵するぐらい速く、最高速度は250km/hに達する。

車の買取査定を上げる色々なポイント

アリストの大きな特徴

新しいアリストの大きな特徴は、ともかく趣味がいいことだ。メルセデスあたりとはまったく違って、うんと都会的なデザインなのだ。それは内装も同じで、このクルマがとても気に入っている。これほど洗練されたデザインの車は、国内でも少ないと思う。

アリストはVSCが標準装備され、かつリアホイールをスティアさせており、高速での曲がりについては素晴らしい性能を持っている。トヨタの標準の1周m畑のテストコースは途中長いストレートとSべンドの組み合わせになっているが、そのSべンドを230/hぐらいで走ると、こいつは本当にすごいクルマだと思わせる。180km/hぐらいならば、ちょっと眠くなるぐらいの安定感で、ブレーキも素晴らしい。

おそらくオートマチックトランスミッションでも、0ー100を6~7秒の間でこなすだろう。しかし、自然吸気のほうが、スポーティでいいクルマだナと思った、と、ある専門家は語った。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

個性的でデザイン性の高い車をご紹介

・フィアット・クーペフィアット このクルマは、案外大人が乗ったほうがサマになったりします。40過ぎのディレク夕ー的地位の人が、仕事先に黒いクーペフィアットで乗りつけたら、その場の空気がキュッと引き締ま …

no image

TCS-トラクションコントロールシステムの効果

LSDや4WDは、車輪がスピンするなら、駆動力を伝える車輪の数をふやしてスピンを防止して安全に走り抜けようとする、という機構です。これに対し、TCSは車輪がスピンするのなら駆動力を下げてスピンさせない …

no image

スパシオの評価-視界や取りまわしはいいが2、3列目シートは良くない

トヨタスパシオは、視界や取りまわしはいいが、2、3列目シートは良くない。スパシオの全長はセダンよりも100mmほど短い。さらにサイドウインドーの下端を後方へキックアップさせながら、その位置を低く抑える …

no image

ローバーミニの中古車はタマ数も多く見つかりやすい

1リッター、4気筒のエンジンを横置きにし、トランスミッションとデフを積み重ねることでスペースを稼ぐ、というアイデアで、最小の外寸に最大の居住空間を実現した設計者、アレック・イシゴニスは天才と呼ばれ、サ …

no image

ランドクルーザープラドの評価-国産車では最長のブランド

トヨタのランドクルーザープラドはパジェロと並んでオフロードSUVの中心的なサイズ。プラットフォームを共通化するハイラックスサーフは、舗装路での走行安定性を向上すべく開発された。現在は2700と3400 …