雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

頭の良い犬が必ずしも最良のパートナーとは限らない

投稿日:

私たちは習慣の生き物であり、利口な犬は家族の翌慣を学びとって予測するようになる。学習能力に優れた犬は、家庭内での日常的なことがらについてものみこみが早い。知能の低い犬は反応が鈍い。部屋の真ん中の快適な場所から立ちあがろうとはせず、なにが起こるのかな?といった顔で、ぼんやり見あげるだけかもしれない。頭のいい犬は、主人がコートを着て引き綱を手にとれば、次なる行動としては散歩に行こうか?という言葉が続き、ドアのほうに向かうことになり、楽しい外出が待っている、とたちまちのうちに学んでしまう。

知能の高い犬のほうが反応が早く、良き伴侶になってくれそうだが、その反面、ある行為に結びつくわずかな合図にも敏感に反応する。そして、いつもはコートを着れば次に散歩用の引き綱を手にする行為が続くので、利口な犬はその間接的な合図だけで反応してしまう。ある人はスタンダード・プードルを飼っていたが、日常会話の中でも散歩という言葉を聞いたとたんに犬が玄関のドアに走り、早く行こうと吠えるので、この言葉が使えなかったという。

本当に頭の良い犬は

しかし、本当に頭の良い犬は、飼い主が望もうと望むまいと、もろもろの関係を学びとってしまう。彼女は散歩と言う代わりにアルファベットの綴りを言うようにしたが、数週間のうちに大はw・a・l・kと発音されれば散歩と同じ意味だと理解し、その綴り言葉にも反応するようになってしまった。利口な犬は先回りしすぎて、厄介になる場合もある。

主人が買い物に出るためにコートをはおると、犬は興奮してドアのあたりで跳ね回ったり吠えたりし始める。ドアのほうに行くだけで、散歩だと思い、興奮状態が呼び覚まされる。冷蔵庫が開く音がすれば、ごちそうが食べられるという経験を何度かくり返すと、主人が冷蔵庫を開けるたびにその足もとに犬が待機するようになるだろう。あるいはキッチンに入っただけで、そうなる。利口な犬の逸話は数えきれないのである。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

ペットショップのこれまでの長い歴史

ペットショップのこれまでの長い歴史。 ペットショップの老舗のなかには、いまでも〇〇鳥獣店の看板を掲げている店があり、日本のペットショップの長い歴史を偲ばせています。時代が下がって大正時代になると熱帯魚 …

no image

ハムスターを冬眠させてしまうと死んでしまうことも

ハムの冬眠はシマリスなどと比べると浅い眠りだといわれ、疑似冬眠と呼ぶのが正しいという専門家もいますが、ハムスターは冬眠をする動物として知られていますが、その実態はまだ研究中らしいです。中途半端な冬眠に …

no image

犬のしつけや訓練で集中する能力などを身につける

有用犬に必要なのが、ほかのことに気をとられない能力である。この抑制力がなければ、訓練や作業のあいだにすぐに気を散らしてしまうだろう。犬は別の行為をがまんし、興味を惹く物体や音や匂いに対する反応を抑制し …

no image

呼吸しない床、壁材は危険

・呼吸しない床、壁材は危険 床近くで生活している室内犬は、つねにシックハウス症候群に冒される危険にさらされています。そこで、有害化学物質を含まず、しかも調湿性などに優れた天然内装材による住宅リフォーム …

no image

犬の制御不可能な状況に対する反応を測るテスト

社会的優位度テストで、犬の制御不可能な状況に対する反応を測るものがある。このテストでは、犬は自分ではまったくコントロール不可能な状況に置かれることになる。このテストでは、犬を持ちあげる(子犬のほうが良 …