雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

頭がいい、悪い動物の特徴-犬の場合

投稿日:

知能が高い犬は、時として問題行動を起こすことがある。ボーダー・コリーのプリンスの一例。プリンスは人間が外出しようとするときはいつでもそのあとを追い、外に出ようとした。彼にとっては外で走り回ることが最高の喜びだった。あるとき、外に出ようと閉まった網戸に猛烈な勢いで体当たりしたとたん、網が破れてしまった。外にころがり出ることができた犬は、このたった一度の経験で、網戸に全身でぶつかれば出口ができると学びとった。

何度か破られては修繕をくり返したあげく、プリンスの飼い主は犬に破られないように太い鉄線を張りめぐらせた。しかし、この利口な犬が、この窓を出口にすればいいと答えを出すのは簡単だった。この新たな障害に対抗すべく、プリンスは家中を探し回り、開け放たれた、たくさんの窓に網戸と同じ素材が使われているのに気づいた。低い位置にある窓が、たちまちブリンスの体当たりの標的にされた。それは彼には外出の喜びの種、飼い主たちには頭痛の種となった。

知能がそれほど高くない犬

知能がそれほど高くない犬はこうしたたくいの関連づけはあまりしない。さらに、彼らは知識を応用して、問題解決能力を別の課題に当てはめることもない。いくつか試してみて、失敗したりほとんど効果がなかった場合はあきらめてしまう。知能の低い犬は答えを編み出すことはできないので、現状をそのまま受け入れる。同時に彼らは可能性との関連づけにもとづく悪い習慣を身につけることも少なく、ひとりきりの状態にも適応しやすい。飼い方が不適切な場合、賢い犬は完全に混乱する。

年齢も行動パターンもばらばらな大家族の家で、めいめいが代わるがわる犬の世話をしたとする。この場合、犬はさまざまに入り乱れた一貫性のない状況と指示を与えられることになる。退屈すると、クッションの中身をほじくり出すなど、ひとりで遊ぶ方法を探し始める。子ども、十代の若者、鈍感な大人などは、大とのコミュニケーションのまずさに気づかないことが多い。ふつうなら目の前のことを判断し、巧みに処理することができる知能の高い犬も、無理解な人間の要求にはまったく途方にくれてしまう。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬と声などでコミュニケーション

犬をなでると気持ちがよくて心が落ち着く、しぐさがかわいくて気持ちが和む、犬のことで会話がはずむなど、犬といることで心が豊かになることを誰しもが実感するはずです。べったりと四六時中一緒にいることは、犬の …

no image

コーギーは手入れが簡単だが抜け毛は多い

犬を飼えば毎日の食費や、万一のときの医療費なども、決して安くはありません。飼いはじめたものの、毎日の世話が面倒くさくなったから飼育を放棄するということが決してないようしなければなりません。 短毛のコー …

no image

ブラッドハウンドという犬種

イヌ科動物特有の行動の多くが遺伝子によって決定されており、選択育種によってコントロールが可能になる。水の中での働きに適しているあるいは陸上での仕事のほうがうまいといった特徴を選んで育種をおこなえるとい …

no image

犬の行動欲求や性質などを知っておこう

犬の行動欲求や性質などを知っておこう。犬は常に誰かとかかわっていたい動物。声をかけた触れたりして、コミュニケーションをたっぷりとることが大切です。また散歩中によその犬と遊ばせたり、飼い主さん以外の人と …

no image

犬がボールなどを持ってくるか調べるテスト

犬がものを持ち帰るテストというものがある。このテストでは、テスト者は膝をつき、子犬をうしろ向きにしてテスト者の膝前あたりに置く。紙を丸めてボール状にしたもの(テニスボールよりやや小さめぐらい)を犬の前 …