雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

アスリートでないスポーツファッション

投稿日:

私たちは、リーボックのトレイルジラやナイキのエア・テラ・フマラ・スリッポンといった、テクニカルな響きを持つ名前の付いた靴を履く。フィラのピニンファリーナは、同名のスポーツカー・メーカーの協力を得てデザインされたものである。

アバークロンビー&フィッチには、似非スポーティ・ラインがある。胸に8番と縫い取りされたモリル・アスレティック・ニット、ロック・クライミング・クルー、フィールド・イベンツ・ヴィンテージ・トラック・パンツ、マウンテニアリング・ウィンドパンツ、スカリング(ボート)・フーデッド・フリース(基本昭には、ただ緑色の大きな9の字が縫いこまれただけのフード付きスウェットシャツ)、そして女性用ゴール・キーパー・ナイロン・パンツ。

登山家など超人アスリート用の機能的な服を作っているはずのザ・ノース・フェイスやパタゴニアは今やファッショナブルな街着のブランドだし、ティンバーランドのブーツは、モンタナの未開林のハイキングにもヴァージン・メガストアでのCD漁りにももってこいである。

デザイナーズ・ブランドのものも

スポーツ・ラインの香水やコロンにも、デザイナーズ・ブランドのものがある。エスカーダ・スポーツ、ボス・スポーツ、リズ・スポーツといった、ファッションに気を配る似非スポーツマン(ウーマン)向けのクリーンな香りだ。GAPは独立したアスレティック・ラインを持っているし、プラダ・スポーツ、ポロ・スポーツ、トミー・スポーツも存在する。

ヒマラヤに挑む登山家たちにとって、必需品となること請け合いだあるいは、スターバックスでアイス・ラテを際る人たちにとっても、トライアスロンやマラソンとは無縁の私たちも、スニーカーのソールの感触を試してみたり、いかにも科学的な感じのスプリングやエア・ポケット、ジェル(ゲル)、ポンプなどを眺めたりして楽しむ。

コロンビア・スポーツウェアは、最近、着用者の肌の温度検知して、蓄えておいた体熱を放散するパーカを開発した。ぬるま湯に浸ったような暮らしを送る人が多い現代だから、私たちは、失われたハードな部分をワードローブで補おうとするのだろう。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

ストライプの着こなし-安心とおしゃれはたいへん遠い距離にある

・ストライプを着こなす心について 名著「いきの構造(講談社学術文庫)」の著者、九鬼属造という方は、縞は粋と言っています。たがいの線はけっして交わることがなく、ために論めの心があり、だから粋なのだ、ざっ …

no image

服を変えると人生も変わる

ファッション・テレビの改造コーナーは究極のシンデレラ・ファンタジーとしての役目を果たした(被験者が喜んで参加したのであろうと、そうでなかろうと)。太めの人が体型をカバーする着こなしを学んだり、がっしり …

no image

ステンカラー・コートを手に入れよう

・ステン・カラー・コートを手に入れる ステン・カラー・コートの裏側には、大きなポケットが付いているのを知っていますか?内ポケットといえばまあそうなのですが、位置はやや低く、かなり大型のポケットがありま …

no image

パーティードレスなどのコーディネート

ドレスといえば、決して忘れらないのが、映画ティファニーで朝食をでオードリー・ヘップバーンがすっきり着こなしていたクルーネックのブラックドレスだ。ゴージャス派の方にはシルクがいい。慎重派の方は、百パーセ …

no image

急いで流行を取り入れるための不毛な努力をしているわたしたち

現代はスピード・シックの時代。私たちは終わりのないサィクルにはまってしまい、急いで流行を取り入れようとして不毛な努力をしている。私たちは新たなトレンドに惚れ込むが、やがてはそれに飽きるだけでく、それを …