雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

自然での遊びでは細かなアイテムでも遊べる

投稿日:

自然は楽しいモノ、興味をそそるモノであふれている。けれど、それだけでは足りないこともある。プラスチックの立体パズルも楽しい。クレヨン、色鉛筆、紙、シール、ハサミがあれば図画工作も可能だ。アセテートのような材質の画面に、先の尖ったもので絵を描いて、持ち上げれば全部消えるマジックパッドも役に立つ。ブライスはミニカーをいくつか、人形と着せ替え用ドレスいろいろ。

古いトレイや厚手のボール紙を、膝に置いて机代わりにする。車中、アウトドアの両方で役立つようにおもちゃを持っていこう。前からのお気に入りで、それを使って何かできるものを選ぶ。もう少し大きくなると、カードトレードが子ども達の間で盛んになる。おもちゃに限らず、身の周りにあるモノもあなどれない。ほかにも、自分の爪先をガジガジかんでみたり、口でいろいろ音をたてたり、追い越していく大型トラックを車窓に眺めたり。それからおもちゃを順番に手渡すと、触覚・味覚にものをいわせて調べ上げる。

おもちゃが出そろうと今度は日用品

スポーツ選手、動物、恐竜などなんでもあり、何度も眺めては順番を入れ替え、そして交換し合うのがいいらしい。おもちゃが出そろうと、今度は日用品だ。へアブラシ、くし、ひも、スプーン、べビーフードのびんのフタ、ハーモニカ(吹きかたを独力で解明!)、缶ジュースホルダーなど。水入りカップは、思いっきり振ると中身がこばれてシャワーみたい。触り心地やサイズ、形が違うものをどんどん渡す。

助手席から人形劇を披露することもある。劇用の本格的な人形を用意しなくても、子ども達がお気に入りのぬいぐるみやプラスチックのおもちゃで十分だ。劇中で人形が子ども達に話しかけると、子ども達もノッてくる。私達人形使いを襲う唯一の苦難はシートべルト。これを締めながら体をねじるのは楽じゃない。声を出しているのが親だとわかっていても、ハマってしまうのだ。小さな子なら、紙人形遊びも手ごろでいい。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

山で動物に出くわしてしまう危険

山で動物に出くわしてしまう危険。 幼い動物たちの持つ本能的な好奇心をしばしば人間が親愛の気持ちと見誤り、そこから多くの事故が発生することがある。クマは、人間があまり近づき過ぎたりすると好奇心が恐れに変 …

no image

山で病気に子供がかかってしまわないために

子どもの小さな体は脱水症状に陥りやすく、理性で水分補給をしないぶん、赤病なんかにやられると非常に危険だ。ある人の7歳の娘がウイルス性の病気になった。気分が悪いと言うやいなや、父親が眼鏡を取り出す間もな …

no image

花も恥じらう乙女たちの無知が原因で起こった低体温症

以前、ティーンの女の子グループを引率してバックパッキングしたことがあった、とある人。彼女達は皆、山ではしないと、悲槍な決意で臨んでいる。ある夜私は懐中電灯をつかみ、全員についてくるよう命じた。何日も我 …

no image

その日のために心の準備をしておきたい-ある家族のキャンプの話

ある家族のキャンプの話。ペンシルバニアからコロラドまでが1週間、あとは現地でラマを調達したり、オリエンテーリングの講習会に参加したりでもう1週間。あんな狭いところに計2週間も閉じ込められるのだ。もしこ …

no image

山の知識がない己を知らない人は危険

・山を知り、己を知る 山を知り己を知らば、百山するも危うからずとは、孫子の兵法をもじったものです。ある登山家は、山登りを始めたばかりの1961年、高校2年の夏休み、甲斐駒ヶ岳と仙丈岳に登りました。5月 …