雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

明日はあの山-次にチャレンジするという楽しみを持とう

投稿日:

ある山の頂上に立った時、別の山の頂上を見、次はあの山にしよう、と考えたそうですが、街の中に下りてその時の登り方などを反省し、さらに次の山に思いを馳せる、この繰り返しで山登りは面白くなっていきますし、街での生活も変わってくるものだと思います。旅行でもそうですが、計画段階というのが一番面白いものです。街の中にいながら違う世界のことを考える、頭の中で考えていたものが現実味を帯びるに従って、その通りになれば本当に面白いですし、ならなくても反省し、次にチャレンジするという楽しみを持てます。

山の生活に慣れた人にとって街はいろいろと煩わしい、山の中の方が落ち着いていていい、など個人の好みも反映していろんな意見があります。山の中での生活と街の日常生活とは何が違うのでしょう。街の中での生活技術が山の中でも同じように反映される、ということを考慮して生活したいものです。日常生活に慣れた人にとっては山の中は不便だ、と思うかもしれません。良くも悪くも簡単に言いますと、山の中はシンプルで街の中は人も物も揃っているあるいは揃いすぎている、ということでしょうか。

自分の体のことを考えてみましょう

自分の体のことを考えてみましょう。体調を崩している時に運良く医師が通りかかっても診断するだけで治してくれるわけではありません。特に持病持ちの人にはつらいものです。病気をしてもその気になれば街ではすぐに医者に行くことができます。あるいは薬局に行って薬を買うこともできます。呼べば時間は多少かかっても救急車も来ます。しかし、そのままの感覚で山の中に行ったらどうでしょうか。

街の中でも山の中でも常日頃から医者や薬の世話にならないような生活を心がけていることが一番大事かと思われます。特に年齢が高くなるに従って体力も衰えてきますので、それなりのトレーニングは必要かと思われます。と言っても大げさなことは必要ありません。普段から歩くことを心がければそれでよいのです。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

山では気象の知識を得た上でさらに山での経験が重要になる

気象の知識を得た上で、さらに山での経験が重要になる。だから日帰り登山によって苦い経験を積むことは無駄ではない。気象による深刻な遭難を避けることができるし、そうすることで快適なウォーキングを約束できるか …

no image

登山やデイハイクでビバークを余儀なくされる状況

デイハイクは、子ども達がリードをとっていたが、半分程行ったところで何か変だと気がついた、とある人。しばらく行くと、幅の広い川があり、渡れる場所を探しているうちに1時間浪費。トレイル前半の所要時間は4時 …

no image

里山の自然林-地表は腐植土に覆われ昆虫の棲み家

近年、自然と人間との共存が叫ばれているが、環境への負荷の少ない自然循環型の地域経済づくりに、里山は大きな貢献をしている。いわば、自然と人間の共生の場になっているのである。その景観を守ることだけでなく、 …

no image

子供の不安や怯えは必ずしも年齢のせいではないと気づく時

サイクリング中、長さ800いほどのトンネルに出くわした。真っ暗でひんやりしている。ずっと向こうの出口にアーチ型の明りが小さく見えるだけだ。一寸先は闇だし、昔ラバが歩いたような細い凸凹道を自転車を押しな …

no image

ザックの雨カバーを信用してはいけません

登山で忘れてならないのがザックの雨対策です。ザックの中の濡れて困るものはポリ袋に入れるか、防水のスタッフバッグに入れるようにしましょう。最近は猫も樹子もサックカバーといった感じですが、これを信用しては …