雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

足音を立てない歩き方がエネルギーの無駄遣いを防ぐ

投稿日:

街中では、ファッションモデルほどではないにしても、ほぼ一直線上を歩いています。格好はいいですが、ちょっと不安定。山道では、肩幅くらいに二本のレールを想定して歩きます。フラットフッティングしようとすれば、否応なく歩幅は小さくなります。Dさんは息が切れて苦しい、とおっしゃいます。そこで靴裏を見せてはいけませんよ、とアドバイス。歩幅が大きいとフラットフッティングになりませんから、足音は立つし、下りで尻モチをつきやすくなります。Dさん、小柄で脚が短いのに大股で歩かれます。

丁寧に足を運べば、足音は立ちません。歩幅が小さくなると、必然的にゆっくり歩きになります。日配りも利きますから、歩き方が丁寧になります。ゆっくりになると、息も切れません。二本のレールを想定して歩くべし気をつけの姿勢は、1点で立っているから不安定です。左右に足を広げた、休めの姿勢は、2点で立っているから安定しています。アドバイス通りに足運びするようになったDさん、こんなふうに言われました息苦しさがなくなったわ、これが山の歩き方なのね左足は左のレールの上に下ろします。

右足は右のレールの上に下ろします

右足は右のレールの上に下ろします。休めの姿勢の歩行版です。姿勢が安定していますから、左右にブレにくくエネルギーの無駄遣いを防いでくれます。二本のレールの上をのっしのっしと足を運んでいく歩き方は、安定するし、ゆっくりになるので疲れませんが、見た目に格好いいものではありません。モデルさんたちの歩き方って凄いですね。目の前に一直線を引くと、右足は線の左側に、左足は線の右側に下ろすんです。

あれで山を歩いたら、3歩で転んでしまうと思いました。山の中だからいいので、くれぐれも街中では、のっしのっしと歩かないようにして下さい。逆ハの字にすると、足を出しやすく、フラットフッティングもしやいです。登りで内股気味だと、足首は曲がりにくいのでフラットフッティングが難しいです。どうしてもかかとが上がってしまうので、ふくらはぎに負荷が増しますし、爪先に力が入り過ぎると、ツルリンと滑ります。いろいろと試して、自分にフィットした歩き方を研究して下さい。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

晴天特異日であっても雨が降ることはある

1年365日、地球が太陽を一周するのが1年です。1前の同日は、1年前と同じ天気になっても不思議ではありません。とはいうものの、具合良く同じ天気になるわけではありません。しかし、365日の中には、晴れる …

no image

季節の変わり目の対応の仕方は種によって異なる

季節への対応の仕方は、種によって異なる。秋になって生殖活動を始める動物もある。たとえば、シカは多くの種が秋に発情を迎え、オス同士でメスを奪い合って角を突き合わせるのだ。シカやイタチ、テンなど多くの動物 …

no image

ハイキングに行く際に知っておきたい注意事項

ハイキングクラブに所属すると、べテランハイカーから情報を得たり、トレイルや地域のネットワークにもくわしくなれる。ただ、小さい子をこの種の集まりに連れていくのは考えものだ。どの家族にもそれぞれ、ハイキン …

no image

マウンテンキャンプに子供を連れて行ったときの危険対策

山で子供が遊ぶ場合に、注意したいこと。小さな子達には目立つ色の服を着せ、万一フラフラ歩き回り始めてもひと目で居場所がわかるようにしたい。地図をヒント代わりにし、コンパスを利用して宝物を探し当てる。キャ …

no image

アウトドアウェアはファッション性以外に機能的にもすぐれていないといけない

アウトドア・ウエアはファッション性はもちろんのこと、機能的にもすぐれたものでなくてはならない。オートキャンプといえども、大自然の中で活動するとなると、天候の急変など、アクシデントを予測したうえでのウエ …