雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

アルテッツァの魅力は後輪駆動

投稿日:

アルテッツァの魅力のポイントは、後輪駆動ということ。コーナーで尻を滑らせることができるできないといった問題でなく、たしかに後輪駆動は、日常的に乗って気持ちがいい面が多い。トルクもそこそこ出ているし、この古典的なフィールがまたスポーティでもあるからいい。

4気筒、6気筒、どちらのエンジンもキャパシティが27だから、さしたる大パワー・大トルクではないが、アルテッツァはスティアリングフィールがよく、きわめてスポーティに走る。6速マニュアルはシフトのフィールが素晴らしい。おそらくリングージをしっかり作っているのだろう。

T字路を左折するようなタイトコーナーで、ギアをセコンドまで落とし、そこから再び加速していくような場合、後輪駆動は加速のレスポンスがなかなかよく、スムーズな加速感が得られる。とくにSベンドなどを走ると、やはり後輪駆動はいいナと思わされる。

アルテッツァの6速マニュアルボックス

6速マニュアルボックスは、誰にでもきわめて使いやすい、とてもよくできたものだ。ただ、それがいかにもトヨタらしいナと思うのは、この6速ギアはいったんスタートしたら、何速に入れても、エンジンが粘って、そこそこ走れてしまうというということ。

4気筒エンジンは高速型だから、6速ギアボックスでたっぶりシフトが楽しめると思う。面白いのは、4気筒の6速マニュアルボックス版が、同じ4気筒の5速オートマチック版より、17万円高だということだ。さすがに6速マニュアルボックスは生産台数が少ないから、どうしても高くなってしまう。

ときどき、トヨタのクルマをドライブしていて、その至れり尽くせりのサービスぶりに、「もういいから、放っておいてくれヨ」と独り言をいってしまうことがある。アルテッツァの走りは、このクラスの後輪駆動車として一流のものだが、同時にそこには、このトヨタ的なべ夕べ夕としたお節介がある。そこいらあたりが、BMWとアルテッツァの一番違うところである。

ただ、この至れり尽くせりを日本人は大変好むので、アルテッツァは人気をはくしたし、これからも日本は至れり尽くせり路線を走っていくのだろう。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

外車と輸入車という言葉の持つ意味と過去の歴史

ガイシャ、という言葉には、特別な物、という意味が多分に含まれていた。それは、ガイジン、という言い方にも通じるものだ。外車と輸入車、結局は同じものを指す、この2つの言葉には、じつは、ちゃんと意味の差が存 …

no image

初めての車選び-あえて輸入車から始めるのもあり

まずは、クルマと付き合うことの面白さが見えてくるクルマに乗りましょう。初めてのクルマ選びというのは、とくにアレコレ悩むもの。女の子のエントリーカーというと、当然のように名前が挙がるのがマーチですが、街 …

no image

スバルインプレッサの魅力

インプレッサをつくる富士重工には、ワゴンブームで大人気のレガシィがある。もちろん荷物をたくさん積むためにはレガシィもいいとは思うが、乗用車として使うには、少々ボディが長すぎるきらいがある。 ヨーロッパ …

no image

日産フェアレディZ-スポーツ色を全面に押し出してのデビュー

ターボ車は日本初の自主規制リミットいっぱいの280馬力を実現。スポーツカーに乗ろうというキャッチコピーの通り、スポーツ色を全面に押し出してのデビューだった。独特なフロントフェイスとグラマラスなボディは …

no image

ホンダCR-Vの評価-インパネシフトを備えたミニバン風のデザイン

CR-Vは合理的に開発されたSUV。外観のデザインはSUVそのものだが、プラットフォームはシビックと共通化することでコストダウンを図り、内装はインパネシフトを備えたミニバン風のデザインにして、居住性や …