雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

アルテッツァはボディサイズと6速MTが魅力

投稿日:

アルテッツァに3シリーズのようなプレミアムカーとしての、上質なフィーリングがあるかといえば、ノーだ。率直に言って、アルテッツァはあらゆる意味で質感が低い。アルテッツァとBMW3シリーズを比べると、動力性能的には、アルテッツァの4気筒版が328とMシリーズの中間ぐらいのところだろう。明らかにアルテッツァは性能的に3シリーズを凌いでいる。

当初、自分の足にアルテッツァを買おうかなと迷った。しかし結局は踏みとどまった。その理由はアルテッツァがトヨタ的な過剰なお節介を持つこと。もうひとつはアルテッツァは、質感が全体に低いことである。

しかし、そうはいっても、アルテッツァはきわめてよくできたスポーティカー、バンドリングカーであることは間違いない。

日本車のライバルは新しいスカイラインだろう。アルテッツァとスカイラインを比べると、スカイラインは重厚な感じがするのに対して、アルテッツァは軽快である。実際、重いストレート6を載せたスカイラインに対して、アルテッツァのほうは軽い。

軽快さでアルテッツァのほうに軍配

この100㎏の差はこの種のスポーティカーにとって、動力性能、ハンドリングなど、さまざまな面で大きなプラスとなって表れてくる。この軽快さでアルテッツァのほうに軍配を上げる。

アルテッツァはそのボディサイズといい、6速マニュアルといい、なかなか魅力的なスポーアイカーである。外装色が8色と、値段の安いわりにはカラーがそろっているところもよい。

トヨタはマニアには4気筒、一般的なドライバーには6気筒を考えているらしい。なるほどアルテッツァは、6気筒のほうが4気筒よりおとなしく、扱いやすい。それでもボディサイズが小さいので、パワーの小さな6気筒でもけっこうスポーティに走れるし、またスムーズだ。

アルテッツァは名実ともに、日本でもトップクラスの後輪駆動車である。それがBMWと比べて100万円以上安く買えるというのは相当たいしたものである。

アルテッツァは、乗ってみると見た目以上にスポーティーで、走っていても楽しいので、おすすめしたいところである。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

車は最高グレードが必ずいいとは限らない理由

選ぶときは、もうすこし下でもいいかな、と思える程度の2番手にしておくのも手だ。最高級グレードなら、飛び抜けたものになるので満足感はあるが、中古車ショップでは2~3番手がいちばんよく売れるから、下取り価 …

no image

ストリームとウィッシュの評価

ミニバン・コンパクトクラス ・ストリーム ミニバンの主流はコンパクトクラスで、今やセダンに代わり、日本のファミリーカーの定番になった感すらあります。下手なセダンよりも走りが楽しいと言う人もいるほどです …

no image

車のシートの座面の良し悪しはかなり重要

シートの座面。これが悪いと、足の血液の循環を悪くして足をうっ血させたりしびれさせたりします。車のシートの座面の良し悪しはかなり重要。 よい座面であるためには、背骨を通して体の大部分の荷重がかかる感覚的 …

no image

車のシートの座り心地はどうか事前にチェックしていますか?

・シートの座り心地はどうか シートはクルマの快、不快を決める決定的な要素です。十分に調べるべきです。日本人に徹底的に欠けているのがシートのチェックです。座り心地にさほど関心を示しません。なかにはどんな …

no image

車の適正な納車のため専属工場の有無を確認する

専属工場を持っているかどうかをたずねてみて、ないといわれたらその店は避けたほうが無難だ。販売店を選ぶ際に知っておいたほうがいいのは、その販売店が専属工場を持っているかどうかということ。 納車予定日にな …