雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

アルピニズムとは登山という意味です

投稿日:

・危機管理は自分の頭で考えるべし

昭和30年代、登山に夢中になっていた日本の若者たちの憧れは、リオネル・テレイ、イ・ラシュナル、ワルテル・ボナッティ、ガストン・レビュファといったヨーロッのアルピニストたちでした。その中の一人、ガストン・レビュファが来日して開催された講演会には、1000人を超える登山者が集まり、会場となった東京・有楽町のよみうりホールは溢れんばかり。あるベテラン登山家もそのうちの一人でした。

孔子の弟子が知るということについて質問すると、子曰く知らざるを知らずと為す是知るなり(知らないことは、知らないと自覚すること、これが本当の知るということである)。アルピニズムはなによりも自覚の問題だと教えられたと言います。自分はなにがしたいのか、そしてなにができるのか。レビュファは修業中、先輩のガイドから、まず頭で考えろ。アルピニズムとは、登山という意味です。かの論語にもありました。

本当に問題なのはなにかを自覚

本当に問題なのはなにかを自覚し、それを考えなくてはいけません。山における危機管理も、これと同じだと思います。カサをさして山道を歩く場合は、特に狭い山道ではすれ違いなどで配慮が必要です。雨具を着ずにカサで行くか、カサはやめて雨具を着て行くかは、このようなことを勘案して当人が自ら判断しなければなりません。すれ違う人と反対側にカサを倒すことですね。すれ違いに際しては、江戸仕草という言葉を思いだして下さい。

それにしても、カサはなかなか便利な道具です。例えば、外でコンロを使うときには、風除けとして役立ちますし、ツェルトという登山用の小型軽量の簡易テントを頭からかぶったときには、中でカサをさすと空間を確保できます。危機管理ってなんでしょう。自分の頭で一度ゆっくり考えてみて下さい。命を奪うカサもあれば、守ってくれるカサもあります。山登りでカサを使うことを否定するのは簡単ですが、それで危機管理ができたことにはなりません。まず頭で考えろ。自分はなにがしたいのか、そしてなにができるのか、ですね。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

山での汚物の問題-果たして持って帰れるものなのか

日高山脈の盟主、離脱岳は日本百名山の一座。日本百名山の著者深田久弥さんは、新冠川を遡り、七つ沼カールにテントを張って一泊した翌日、腕尻岳の頂に立ちました。日高山脈の七つ沼カールは、登山者の聖地です。一 …

no image

胎児にエクササイズ運動はどう影響するのか?

母体の活動に対し、胎児心音がどう変化するかを研究した結果がある。自転車エルゴメーターでのエクササイズ中に、超音波で胎児心音をモニターしたものだ。エクササイズは、母体にはいろいろよいことがあるが、胎児に …

no image

夏の低山は昆虫の世界

夏の低山は、昆虫の世界。大人になってからだと、ナナフシやクモなどの虫に触れるのはなかなか勇気がいるものだ。しかし、子供の時代に触れ合っていれば、まったく怖さを感じないはずだ。子供に怖さを教えるのは、い …

no image

サイクリングの荷物の重さに苦労の連続

自転車トレーラーでの旅では、トレーラーに乗せた子供はすぐに眠たくなるようだ。ジープで走る山道を想像してほしい。揺れがあると、無意識のうちに、重心を保とう、安定しようと、体に力が入る。お昼寝しやすいよう …

no image

地図に文字などを記入する場合のポイント

一・五万図では、等高線の間隔が一〇m刻みで記入されている。出発点で、まずは辺りの状況が地図と一致しているかどうかを確認する。たとえば近くに神社やお寺があれば、それを地図上で確かめる。また、東方向に水田 …