雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

アルミサッシをきれいに保つコツ

投稿日:

・アルミサッシをキレイに保つには

溝にたまった頑固な汚れなどを取ろうと、サンドペーパーやスチールウールでこすると、あっという間にるので絶対に使わないこと。アルミサッシは腐食に強くてとても長持ちするが、問題なのはとにかく傷つきやすい。アルミサッシを掃除する場合は、ホコリは掃除機で吸い取るか、ガムテープなどでくっつけて取り、頑固にこびりついている付着物には木ベラを使う。洗剤は中性洗剤を使い、どうしても取れない油脂性の汚れはアルコールやベンジン、シンナーなどを布につけて優しくこすり落とすこと。ガソリンやラッカーシンナーなどを使うと表面がいたむ可能性があるので、使用は避けよう。ツヤがなくなったら、クリアラッカーを塗っておくこと。薄めに数回塗っておけば、美しさを取り戻すことができる。

ガラス戸や雨戸の溝にはゴミがたまりやい

ガラス戸、雨戸の溝のゴミ取り。掃除機などでは、隅々まできちんとゴミを取りきれないのが厄介。ガラス戸や雨戸の溝にはゴミがたまりやい。ほうきで一生懸命はいてもホコリは舞い立つばかりで、なかなかすっきりきれいにとはいかない。そこでおすすめなのがガムテープ。溝にガムテープを貼ってはがしていけば、細かいホコリはすべてガムテープに貼りついて、すっきり取れるという寸法だ。この方法なら、かなり狭い場所でも隅っこでも大丈夫。毎日のように掃除するなら、セロテープでも代用できる。

クルマの汚れを簡単に落とすには

洗剤を薄めてスポンジなどにつけ、クルマ全体に塗って、あとはしばらく置いてからホースで流すだけ。クルマのボディが泥やホコリでひどく汚れてしまった場合は、住宅用洗剤を使って洗えばきれいになる。簡単なわりに汚れがすっきり取れて、クルマはピカピカ。住宅用洗剤なら油汚れにも強いので、かなり頼りになる。雨の日ならガレージの中などで洗剤を塗り、あとは外に出しておくだけでいいので、もっと楽。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

大工仕事を好きな女性にたくさん会ってきた

大工仕事を好きな女性にたくさん会ってきた、と語るある人。その中にはプロになろうとしている人や、実際その職につき、いきいきと働いている人もいるそうです。あるいは、仕事にしていなくても、家のあちこちを直し …

no image

タイル、浴室などの日常の手入れ方法

浴室・タイルなどの日常の手入れ方法を紹介します。浴室に窓がなく入浴後湯気がこもる場合は、シャワーで冷たい水を浴室全体にかけておくとよいでしょう。壁のタイルは、浴室用洗剤をスポンジに付けでふき取ります。 …

no image

窓から逃げる熱を逃がさない方法

・断熱のガラス窓というのは、簡単にできないものでしょうか。開戸がないために、ガラス窓からかなり熱が逃げているのではと考えています。 省エネ板ガラスガードといって、枠材をガラスにはりつけてから、硬質塩ビ …

no image

シンク収納や汚さないためのアイデア

・シンク下を汚さない 油の保存法キッチンで使う油は、シンク下の床にそのまま置くと、油が注ぎ口から垂れて床がべたべたしてしまう。そこで、ペットボトルを一工夫。上半分をカットして捨て、残った部分にひもで持 …

no image

比較的軽いものをつるとき

家の壁などに比較的軽いものをつるときには、市販の「タイル用フック」などで大丈夫ですが、重いものを取りつけるときやしっかりさせたいときは、「カールプラグ」を使います。ただし、コンクリート壁に下穴を開ける …