雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

歩くトレーニングはどこででもできる

投稿日:

ふだん電車やバスで通勤していて、いきなり山に入って歩くのは大変つらいものです。久留米医科大学にある先生という方がいらっしゃいました。この方は駅の階段などを電車を待つ間に何度も何度も歩いていたそうです。なんだい、あのじいさんなどと人から変な目でみられようととにかく何度もそれを実践したそうです。だから八〇歳を過ぎてもヨーロッパアルプスに毎年出かけられたのでしょう。

飲み会の席での会話だったのですが、そばでタバコを吸っている友人に対して君、それはよくないよ、でもワインは体にいいんだよともおっしゃっておりました。タバコも吸わなかったようです。自分は運動していないと太る体質でともおっしゃっていた記憶があります、とある登山家。

ふだんから管理しておくべき

高所トレーニングでそれまで何ともなかった富士山の頂上に行くにも苦労しましたし、着いてからも平衡感覚が保てませんでした。昔、急に体調が悪くなった時があります。夕方になると目が回る感じになり、仕事の打ち合わせも満足にできませんでした。約一年間続き、復調しましたが、本当の原因は不明でした。その年は海外遠征等もあり大変だったことを覚えています。その後エべレストに登頂しましたが、こんなことにならないためにも自分の体調についてはふだんから管理しておくべきと思います、というある登山家。

日常生活には歩く機会がたくさんあります。コンビニに買い物に行く時、あるいは通勤時にバスを一部の区間止めて歩いてみたりとか、その気になれば機会はいくらでもあります。歩く訓練ができてきたら今度は軽く走ってみましょう。自分の心肺機能を高めるのなら最高心拍数の七〇%くらいの脈拍で走るといいようです。最高心拍数の出し方は(一〇ー自分の年齢)が一般的です。根拠がないという方もいるようですが、一般的にはこの方法が普及しています。たとえば六〇歳の方なら(二二〇-六〇)=一六〇が最高心拍数で七〇%は一一二です。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんとの外出先でのおむつなどの対策

赤ちゃんとアウトドアに出かける際に困るのが、おむつだ。おむつカバーは、ふだん使う枚数に余裕を見込んで持っていこう。自宅、トレイルを問わず、市販のおしりふきを使わずに、専用の小さな布を利用する。排池のた …

no image

白根山は日帰り登山におすすめ

低山は一般的な目安として、およそ一~二時間も歩けば山頂に達するのがふつうだろう。単純に標高だけでなく、山頂までの距離、つまりアプローチの長さにもよるが、中高年の体力でもまったく間題なく山頂に立つことが …

no image

山岳地形と読図に習熟する

・地図は見るのではなく読むべし 地図はいろいろな約束事の上に作成されています。2万5000分の1の地形図で、説明しましょう。約束事を手掛かりにして、収められている情報を暗号を解くように読み取って行きま …

no image

登山時にメモ帳に時間などを書いていくようにする

・メモする習慣を付けるべし 体力を計る物差しは、山に登ること。たわいもない坂道で息を切らせて、自分の体力の無さに標然とする人もいるでしょうし、胸突き八丁の急坂をスイスイ登って行ける自分に、自身のことな …

no image

子どもが子どものままでいてくれるのはほんのわずかな間だけ

アイルランドの7日間で、息子が自分の限界に直面しかけたのは一度だけ、とある家族。これでもかという土砂降りで寒く、20分おきにねえ、あとどれくらい?と父親に尋ねた。伴走車はすでに、今夜の宿に向かって先に …