雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

アリストは国産最速セダンだった

投稿日:2015年10月7日 更新日:

アリストはアメリカあるいはヨーロッパ諸国にも輸出され、日本よりはイギリス、ドイツでよく売れていた。なぜなら、たとえばドイツでは、アリスト以上に速い乗用車は数えるほどしかないからだ。

日本仕様に載るターボは、アメリカにもヨーロッパにも輸出されていない。それはかの地では、いま、ターボはほとんど禁止に近い状態だからである。それにしてもアリストの356万円(NA)という価格は相当に安いと思う。

アリストのライバル、BMWの540は800万円、メルセデスのE430も850万円である。アリストがV8でないことを差し引いても、こいつは安い。それはこのクルマが国際車であるおかげというべきか。

風切り音は、さすがに200/hを超えたあたりからピラーから音が出てちょっとうるさいかなと思うが、180km/h程度では普通のクルマの100km/h程度にしか感じない。実際、180km/hだと普通の声で会話ができるほどである。トヨタが考えるスポーツセダンというのは、なるほどこういうものをいうのかと思う。

ま、残念ながら、この日本ではこれだけの性能もしょせん発揮する場所は皆無なのだが。ドイツではいまや250km/h以上にはスピードコントロールが課されているので、メルセデスのSクラスもBMWの7も、結局はアリストと同じことになってしまう。

車の買取査定を上げる色々なポイント

アリストは国産最速セダン

アリストは、国産最速セダンとも呼ばれ、若い年代にも人気を博した。トヨタの高級セダン基幹車の一つ。グランドツーリングモデルとしての性格が強く、マジェスタとはメカニズム等を共有する姉妹関係にあった。

アリストは、ゆとりのある室内空間を確保しながら、スポーツカーのポテンシャルを持つ。V300、S300に専用アルミホイール、本木目パネル、全車に安全装備として、デュアル&サイド&カーテンシールドエアバッグを標準で装着していた。

アリストはプレスドアを持つ4ドアセダンで、北米でレクサスブランドからレクサスGS300として販売したこともあった。エンジンイモビライザーを標準装備していた。現在では、レクサス・GSとして販売されている。レクサス・GSは、アリストを超える名車となっている。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

車検に対応しないパーツは販売店に交換してもらおう

社外品には車検に適応しないパーツもあるから注意が必要だ。車のドレスアップは多額の出費が痛い。それだけに、中古車店で豪華装備の車を買えればかなりトクした気分になる。しかし、エアクリーナーのような吸気系の …

no image

外国車に乗るためにはある程度の理解が必要

その目的や主な使い方によって、そのクルマに与えられた性格も異なる。輸入車というのは日本人とは違った感覚や文化を持った人々によって作られ、また違った道路環境や気候の下で生まれてきたものだ。輸入車に乗るた …

no image

RAV4などのカンガルーバンパーはイマイチ

初代RAV4は、CMの効果なども手伝って、スタイリッシュなデザインが好評でで大ヒットした。昔、木村拓哉さんが出演するテレビCMが話題になっていました。取り回し性に優れていて、街の乗りにも適した、オール …

no image

車にできるサビ-修理しないといけなくなる前に予防策を

クルマは見えないところから傷んでくる。サビは金属が露出しているところから広がっていくものだから、これくらいなら大丈夫などと決めつけず、塗装がはがれたところを市販のタッチベシで塗るなどの対処をしよう。塗 …

no image

トラックドライバーの危険運転-恐ろしいほどの車間距離詰め

パッシングとひと口に言っても、そのパターンは豊富。車間距離をつめて左右に車体を振りながら存在をアピールしたり、ハイビームでバックミラー越しに圧力をかけたり、ごく稀にではあるがクラクションを鳴らす人もい …